うさ おじ。 うさおじさん 立体・オブジェ YUGEN GLASS 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

おじ うさ

本項におけるキャラクターの解説は、特に断りのない限り、版および版でのに基づいたものである。 上演した後、観客達に手作りのを食べさせてくれる。 気持ちの切り替えは早く、姉が飛び去るたびに涙を流すが、その際にアンパンマン達に励まされて元気を出すことが多い。

おじ うさ

一人称は「」で、語尾に「〜でおじゃる」をつける。 戦いが終わるたびに何かとニガウリをプレゼントしたがる。

19
おじ うさ

やなせは、おむすびまんがかなり大人っぽいキャラクターになっていることや、「旅人は一種のやくざ者」ということで、おむすびまんの持つ雰囲気を中和するためにこむすびまんを考えたと語っている。 腕力などではアンパンマンやバイキンメカに及ばないものの、身軽さが大きな武器で、飛ぶスピードはアンパンマンよりも速く、飛ぶ音もアンパンマンとは異なりみたいな音である。

1
おじ うさ

たしかにサビ残が終わってウサギ小屋に帰ると心がピョンピョンしますw 私も「ウサギ小屋」に住んでいた ちなみに、1LDK以下の賃貸が「ウサギ小屋」だとしたら、私は以前はウサギ小屋に住んでいたことになります。 が専門だが、稀に「」や「」などのやの公演も行う。 パン工場で仕事をしていない時は野原で草花遊びに興じていることが多い。

9
おじ うさ

また、猫と認識できなくなれば勇敢に立ち向かう。 ただし、アンパンマンの顔(頭)より耐久性は高めで、カビが生えたり 、川に落ちて顔全体が濡れたり する程度ではアンパンマンのように極端に弱ることはない。 威力はバイキンUFOを軽く突き飛ばして隙を作る程度でそれほど強くないが、つなぎの技となることが多い。

おじ うさ

やなせは、アンパンマンを考えたことでパンの消費量が増えたことから、米を作る農家に配慮して、おむすびまんを考えたと語っている。

12
おじ うさ

また、としての側面も持ち併せており 、巨大メカの発明ややにも博識である。 映画第12作同時上映『』では、自分同様にばいきんまんの手によって悪の道に進んでしまったブラックサボテンマンに同情を寄せる場面があった。 幼い頃、竜巻に遠くへ飛ばされて生き別れになったが後に兄と再会した。

15
おじ うさ

家族や経歴も不明だが、メロンパンナやロールパンナを「お姉ちゃん」と呼んで慕っており、彼女たちにとっては可愛い弟分という位置付けにある。 その経緯から彼が登場する話には大抵学校がよく登場する。

おじ うさ

ジャムおじさんらがばいきんまんに優しくしようとすると、チーズが制したり、腑に落ちない顔を浮かべたりすることもある。 俊足の持ち主の一人で、TシャツくんやSLマン、ホットドッグにラクダット達と対等に走れるほど。 の格好をしていて いろいろな国を旅している、力強い正義の味方。