ソニー ネットワーク コミュニケーションズ。 事業案内

コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

1996年1月 - So-netとして、ISP事業開始• 2018年3月現在、国内の固定ブロードバンド回線のプロバイダの中では()・()・J:COM NET(、グループ)に次いで4番目の規模で 、通信キャリア系の事業者以外では首位。

コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

ソネットゲームスタジオ - So-net Entertainment Taiwanの子会社 スマートフォンゲームアプリの開発・ローカライズ• - インターネット広告 旧 ソネット・メディア・ネットワークス• 今後とも弊社サービスをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 3月5日 - ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社を設立。 7月1日 - ソネット株式会社に商号変更• 昨今、AIや通信等のテクノロジーがハードウェアやサービスに広く搭載され、ソリューションとして利用者の価値を実現する流れが加速しています。

19
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

(2018年3月時点) NUROはソニー系列による通信サービスということで、ソニーの安定性や信頼性を備えているといえるでしょう。

12
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

6月 - 親会社のソニーがを発行• ユーザーを自社Webサービスで満足させられているか不安なWeb担当者の課題• サービス提供終了に伴い、お客さまにはご不便をおかけすることとなり申し訳ございません。

12
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

これまで「0 SIM」をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。 2006年• ソネット・メディア・ネットワークス「2018年10-12月期 『So-net 広告商品ガイド』」『』、ソニーネットワークコミュニケーションズ、2017年• これまで「0 SIM」をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

9
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

これらのサービスにはどのような特徴があ. - 設立時の株主 2013年解散• - インターネット広告 旧 ソネット・メディア・ネットワークス• 契約事務手数料とは、事務手続きの際発生する手数料となります。

5
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

2012年8月9日 - が株式の公開買い付けにより、ソネットエンタテインメントを完全子会社化すると発表• NUROのプロバイダーについて 光インターネットサービスの「」、格安SIMの「」の名前を見聞きしたことのある人は多いでしょう。 1月17日 - 東京証券取引所一部に指定替え• 4月 - 株式会社デイブレイクの株式を取得して子会社化し、ソネットスポーツ・ドットコム株式会社に商号変更• 最近はNUROという名称が前面に出ているため、NUROがプロバイダー名だと勘違いする人もいるかもしれませんが、NUROはプロバイダーではなくブランド名です。 10月1日 - ソネットエンタテインメント株式会社に商号変更• 平素は「0 SIM」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

11
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

別途契約事務手数料3,000円と、基本工事費40,000円が発生いたします。 2013年にソネットはソニー株式会社により完全子会社化され、同年「NURO光」のサービスを提供開始しました。

3
コミュニケーションズ ソニー ネットワーク

「nuroモバイル」へのサービス変更をご希望のお客さまにおかれましては、2020年6月10日16時より受付開始となりますので、今しばらくお待ちください。 子会社• 8月 - サービス開始• デジタルメディアエンタテインメント株式会社から、CS放送「So-netチャンネル」(現 )の運営権を授受• 7月31日 - サービスを終了• - (2005年4月5日アーカイブ分)• 8月 - を使用した、接続サービスを開始• 主なサービス [ ] ISP事業(So-net) [ ] 主力事業。 主力事業であるSo-netの会員数は、2018年6月現在、契約数は約282万人(モバイル会員・電話コース・こんてんつコース等の会員を含まず。