東京 都 地震。 東京都年表|東京都

都 地震 東京

交通&生活の利便性が高い「目黒区大橋」 目黒区大橋は、同区の北部に位置する。

15
都 地震 東京

2キロメートル) 1961 36 4 東京文化会館落成 6 23特別区協議会が特別市昇格・区長公選運動の促進を決議 1962 37 2 都の人口 1000万人を突破 5 八丈島空港 開港 1963 38 2 初の東京都長期計画を策定(計画期間1961年~1970年) 東京都議会 東京都平和都市宣言を可決 1964 39 6 大島空港 開港 9 東京モノレール開業(浜松町~羽田空港間) 10 東海道新幹線 開通 オリンピック東京大会開催 1965 40 1 大島大火 4 地方自治法一部改正により、福祉事務所などの事務を特別区へ移管 10 都の鳥に「ユリカモメ」を指定 1966 41 7 学校群制度による高校入試を42年度から実施することを決定 11 都の木に「イチョウ」を指定 12 多摩ニュータウン建設計画を事業決定 1967 42 4 美濃部亮吉氏、都知事に当選 8 公害対策基本法公布 12 銀座線など都電11系統を廃止 1968 43 6 小笠原諸島返還 10 東京百年祭開催 12 都営三田線開業(巣鴨~志村間10. 耐震基準を満たしていない建物の診断や補強、家具やブロック塀の倒壊防止などに関しては、すでに各区で取り組んでおり、23区で大きな差はありません。

都 地震 東京

2019年7月31日• 「安心」の面では、地域コミュニティのつながりが強い下町のほうが進んでいます。 0)」 全壊数:15棟 死者数:7人 参照元:「地震本部 」 東京都を揺らす地震の発生確率 地震がいつ起きるのか? それが分かれば少しは対処ができるのですが、残念ながら現代の科学ではいつ地震が起きるのかを正確に予想することはできません。

都 地震 東京

出火の大半が原因不明とされていますが、判明したものの多くが電気・ガス関連だといわれています。 東京豊島区、• 応急対策 予防対策を積極的に実施していますが、震災等により平常給水に影響がある場合に、一刻も早い平常給水への回復及び可能な限りの飲料水の確保を図ることを目的として、「東京都水道局震災応急対策計画」を定めています。

3
都 地震 東京

2,924• そのため、前回危険度の高かった地域が建物の建替えで耐震化が進み、今回は比較的安全な地域になったという例もあります。 下図のピンク色の地域にお住いの方は特に注意しましょう。 9」 全壊数:20,179棟 死者数:70,387人 「2011年 東日本大震災(M9. 283• 建物の構造区分は、コンクリート造りかどうかで分けられています。

都 地震 東京

地域によって改善の要因は異なるものの、• その調査によると、東京都23区で最も地震リスクが高いと評価されたのは、「荒川区町屋4丁目」 (図表1)。