大館 曲げ わっぱ。 大館曲げわっぱ

曲げ わっぱ 大館

産業として確立されたのは、17世紀後半と言われています。

9
曲げ わっぱ 大館

豊かな森林資源を生かして、江戸時代から生産が盛んになったそうです。 かつてヴァッカには食品、裁縫道具、装身具が保管された。

14
曲げ わっぱ 大館

国が違っても、年が違っても、言葉が分からなくても、「心で通じ合える」と、仲良くなる人懐っこい慶信さん。 今もなお、その当時から変わらぬ技法で全て職人の手仕事により手間暇をかけて丁寧に作られています。 しかし、その後はプラスチック製品に押されて木製品の需要が激減し、最盛期には20社以上あった工場や工房も、現在では3分の1ほどしか残っていないそうです。

20
曲げ わっぱ 大館

そして、何よりお料理の味が変わらずしっかりして、美味しいということです。

2
曲げ わっぱ 大館

は、本物の日本の伝統工芸品をご紹介する目的を持っています。 新青森駅ではお昼ご飯に、青森の知人からイチオシされた「にぐ・さがな弁当」をゲット。 豊臣方であった佐竹義宣が関ケ原の戦いで敗れ、徳川幕府によって水戸から秋田へ移転させられた当時、大舘城下は領民がその日の食べ物に困るほど窮乏していました。

12
曲げ わっぱ 大館

そして、「大館曲げわっぱ」のおひつや弁当箱に至っては、天然秋田杉の香りと杉の殺菌効果。 木目にやわらかさがあり、年輪の幅がほぼ同じ間隔でできている。

1
曲げ わっぱ 大館

2014年に銀座の百貨店で行われた、ヴァッカというフィンランドの曲げ輪の当時では唯一の職人だったオーケさんとの実演をきっかけに交流が始まり、今回の企画展につながったという。 ちょっとしたお土産にピッタリですね。

曲げ わっぱ 大館

1週間ほど乾燥させてから重なる部分を接着し、桜の皮で留めます。 農民には年貢米や供出代替として山から城下まで原木を運ばせ、作られた製品は山形県や新潟県、関東等へ運ばれた。 この、曲げわっぱも修理することが出来ます。

6
曲げ わっぱ 大館

秋田藩・佐竹家の西家が領内の豊富な秋田杉に着目し、下級武士に副業として奨励したことにより発展していく。 大館曲げわっぱ 老舗 栗久 (くりきゅう) 大館曲げわっぱは、現在の本物志向の風潮に相まって、多くの人に愛されています。

20