世知辛い 世の中。 世知辛い世の中だけど、生きるよ。|世知辛いの意味とは?

世の中 世知辛い

世知辛くて、生きづらくて、ハードルだらけの世の中だけど、 生まれた以上、自分らしく、楽しく生きたい。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 なにか問題にぶちあたってばかりのとき、新しい提案がなかなか受け入れられないときなどに使います。

3
世の中 世知辛い

そのような状況を見て、かわいそうだな、どうしてそんな会社に入ってしまったんだ…と世知辛さを感じる大人がいます。

16
世の中 世知辛い

私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 …人って変わるよ、良くも悪くも。

11
世の中 世知辛い

「世知辛い」にはさまざまな感情が含まれているため、類語もバラエティに富んでいます。

世の中 世知辛い

例文1:長年都会暮らしをしていましたが、定年になって田舎に引っ越しましたところ、なんとも住み心地が良くて、妻も「ここはわたし水が合う」と喜んでいます。

世の中 世知辛い

読みは「せちがらい」。 「生き馬の目を抜く」については、ことわざのようですが「素早くことをするさま」「素早く他人を出し抜き、利益を得るさま」「抜け目がなくて油断できないさま」という意味を表す言葉です。 「嘆かわしい世の中になったね」など、悲しみの感情が含まれているような場合に用います。

15
世の中 世知辛い

【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。