ディア ボーイズ。 【ネタバレ】DEAR BOYS actⅢ 最終話「DEAR BOYS(ディア ボーイズ)」 感想まとめ

ボーイズ ディア

ひとたびシュートレンジで三浦がボールを持つと、相手チームがディフェンスを意識せざるを得ないほどの影響力を持ち、自身の3Pを囮にディフェンスを引きつけてからのパスを得意とする。 ポジションはスモールフォワード。

4
ボーイズ ディア

また、インターハイ直前に天童寺に赴き、天童寺から逃げた事へのけじめをつけたことで、天童寺のメンバーに対する迷いも吹っ切り、「瑞穂のメンバー」として本気でインターハイを勝ち抜く事を決意する。

7
ボーイズ ディア

登場人物 [ ] カルロス・トチキ 久保塚の後任で異邦警察署長となったを操るイケメン南米人。 瑞穂の現エース。 身長185cm。

12
ボーイズ ディア

ダブルクラッチからのリバース・レイアップを得意とし、ディフェンス面でもリバウンドやブロックを記録するなど柔軟度の高い活躍を見せる選手です。 また瑞穂の藤原をレギュラーから外したのも古傷を悪化させてはならないという配慮であったことも明らかにする。

9
ボーイズ ディア

シェモ 日本で成功したクルド人の異邦都民で、マンションに住んでいる。 背番号15番(3年引退後)。 在学時のポジションはスモールフォワード。

ボーイズ ディア

・角松 聡 年上女性とデートに明け暮れる。 登場人物 [ ] 学年についてはACT2以降を基準とし、第1部に登場済みのキャラクターは登場当初は1学年マイナスとなる。

11