フライミー トゥーザ ムーン 歌詞。 五木ひろし フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン 歌詞

ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

こんな感じでいいですか? イントロ部分 Poets often use many words to say a simple thing. このバンドはジャズ・バンドではなくディスコ&ポップスのバンドでしたが、 この曲はレパートリーに入っているくらい、そのときにはポピュラーな曲になっていたということです。 このときタイトルは、 「Fly me to the moon」として広く知られるようになりました。

18
ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

Oscar Peterson trio オスカー・ピーターソン ジャズピアニストなら、一度は憧れるジャズピアノの巨匠 オスカー・ピーターソンの「Fly me to the moon」は、 小気味よい、スウィングでのアレンジです。

16
ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

歌詞に描かれた控えめな求愛は、好感が持てますね。 と、思います。

ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

しかし、このときの歌のタイトルは、 「In Other Word」となっており、 さらに曲の拍子は、3拍子のワルツとして作られました。 今では4分の4拍子で演奏・歌唱されるのが一般的ですが、上のmp3作成には、4分の3拍子の楽譜を使いました。

ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

メロディーもきれいで素敵な曲ですが、何といってもこの歌詞はロマンチックでかわいらしく魅力的なものです。 元のタイトルは『In Other Words(言い換えれば・・・)』だったが、歌詞の1行目から現在のタイトルに変えられた。

10
ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

もちろん、アルバイトはホストではなくバンドのキーボード・プレーヤーです。 『新世紀エヴァンゲリオン』 エンディングでも有名に テレビ東京系列で放送されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』では、エンディング・テーマとして『Fly Me to the Moon』が使用された。 You are all I long for all I worship and adore. 歌のものでは、1965年にトニー・ベネットが歌ったものがヒットし、 作者のバート・ハワードは「トニー・ヴァージョンこそ決定版だ」とベネットに語ったと言います。

3
ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

カバー曲のなかではフランク・シナトラ版が最も有名で、爆発的なヒットとなりました。 1967年、の日本録音盤『Bossa Nova In Tokyo』(:・がで参加)に収録。

ムーン フライミー 歌詞 トゥーザ

Fly me to the moon And let me play among the stars Let me see what Spring is like On Jupiter and Mars In other words, hold my hand! アメリカ航空宇宙局(NASA)が設立されたのが、1950年代の終わり頃で、 アポロ11号が人類初の月面着陸に成功したのが1969年ですから、 この「Fly Me To The Moon」が大ヒットした当時のアメリカは、 アポロ計画によって実現するかもしれない月旅行の話題でもちきりだった時代ということです。 このシナトラ・バージョンは2000年の映画『』()のラストシーン(演じる宇宙飛行士が身を挺してミッションをクリアした後、予定外の月にまで到達してしまう)においても使用されている。

6