ご 検討 いただけ ます と 幸い です。 「ご検討いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ます です ご と 幸い 検討 いただけ

色々書きましたが、どちらが正しくどちらが間違っているかの判断を示すものではありません。

5
ます です ご と 幸い 検討 いただけ

お読みになると、一般的かどうかはともかく両方とも敬語表現として通用するということがお分かりになると思います。

3
ます です ご と 幸い 検討 いただけ

「致します」は「お願いする」の補助動詞なので「いたします」と平仮名にするのが正式な使い方です。

ます です ご と 幸い 検討 いただけ

お時間がある時にお電話をいただければ幸いです。

5
ます です ご と 幸い 検討 いただけ

相手に時間をとってもらって検討をしてもらうので、できるだけクッション用語を頭に入れてから「ご検討のほど」というように使用することを心がけましょう。

ます です ご と 幸い 検討 いただけ

特別な場合とは、職場の上司や取引先の人、お客さんなどと会話をしている場面のことを意味しています。