チュパカブラ 正体。 UMAの代表格だったチュパカブラ、正体は犬だった!?

正体 チュパカブラ

チュパカブラの目撃証言のなかでほとんどといっていいほど共通しているのが頭部から背中にかけてトゲを生やしていたというもので、背中には赤い羽根があって空を飛ぶ姿をみたという証言もあります。 なるほど、 皮膚病で怪物的な外見になったコヨーテとかが家畜を襲う事とかはあるかもしれないが、吸血鬼のように血を吸うだけ吸って、あとはどこかへ行くようなことあるだろうか。 - 「チュパカブラ」というタイトルの曲を歌う。

1
正体 チュパカブラ

チュパカブラはヤギを初め家畜や人間を襲い鋭い牙で血を吸うそうです。

正体 チュパカブラ

実際、チュパカブラの写真や映像とされるもののほとんどが疥癬を患ったコヨーテやリカオン、アライグマ、キツネを写したもので、チュパカブラに関する目撃例の大半も病気のコヨーテだったということが判明しています。 最近では二足歩行よりも、四足歩行であるという説の方が強いようです。 英語では、これを直訳して「ゴートサッカー(Goatsucker)」と呼ばれる。

14
正体 チュパカブラ

噛まれた動物は内部出血により死ぬこともあるが、その場合は、噛まれた痕以外の傷はないはず。 関連作品 - チュパカブラをモチーフとしている。 ただしコヨーテほど可愛げはなく 「毛の抜けたコヨーテのようなもの」という表現が正しいでしょう。

20
正体 チュパカブラ

不思議なことに、以降に目撃されるチュパカブラともなると、四足歩行になっていたり、急に血を吸わないパターンが増えてしまう。

20
正体 チュパカブラ

他には、そういうわけのわからない迷信を付属された鳥の多くは、中世の時代において、恐ろしい悪魔たちと関連付けられるようになった。 本名・横尾和慶 東京都荒川区出身。