エスティマ 復活。 人気だったのになぜ消えた?復活を望む個性派ミニバン5選

復活 エスティマ

実際の販売状況は、エンジンルームの狭さゆえにエンジンの大型化に対応できず、オデッセイやをはじめとするライバルがV型6気筒の3リットルや3. 果たして、本当に次期エスティマは復活することはあるのか? 発売日は2021年半ば以降? まずは「発売時期」の最新情報。

9
復活 エスティマ

扱い店によると、「エスティマユーザーの中では車庫や駐車スペースで問題がないお客さんはアルファードやヴェルファイアに乗り替えるケースもあるが、どうしてもエスティマのサイズでないと代替えできない人もいる。 5L HYBRID車 THS2の搭載が考えられます。

復活 エスティマ

4L、直4エンジンを75度横倒しにして搭載することでアンダーフロアミドシップ前輪駆動という特異なパッケージングを実現した。 5リットル車の冷間時及びハイブリッド(冷間時・温間時共)は既に取得済)。

10
復活 エスティマ

その理由を探りたい。 アルファードの床面地上高。

3
復活 エスティマ

今現在、在庫はハイブリッドを売り切り、ガソリンのみが僅かな在庫がある。

13
復活 エスティマ

少なくとも、今年2020年は、、といった人気車種のフルモデルチェンジが立て続けに予定されているため、少なくとも新型エスティマが今年中に発売する可能性は極めて低いはず。 もちろん先代エスティマの安全性が低いとは言いませんが、それでも同時にFCV化した場合は巨大な燃料タンクの関係もあって室内空間が狭くなる。 つまりアル&ヴェルをLサイズミニバンの主流に据えて、同時に次期エスティマをアンチの最高峰にするわけだ。

16
復活 エスティマ

これは北米では、初代が発売されていた当時、競合車と比べサイズが小さすぎパワーも不足していた点が、またヨーロッパでは、2代目以降はディーゼル車の設定がないことから欧州メーカーの競合車に対し明確な優位(販売実績)を見込めなくなったことが販売中止の主な理由である。