黒澤 元治。 選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

元治 黒澤

ひとりのモータースポーツファンであった。 2012年からSUPER GTに関わり、LEON RACINGの監督も歴任した。 「クルマの各部の状態を計測するシステムがなかった時代。

元治 黒澤

GVBインプレッサの時には、「もっと上質なドライビングプレジャーが得られる車に出来るはずだ」「雨や雪は捨ててもいいから、究極の車を見せて欲しい」等々の発言がありました。

9
元治 黒澤

また「ターボや4輪駆動、は好まない」と、同ビデオで何度も発言している。 社認のテのひとりでもある。 残さなければならないもの。

20
元治 黒澤

それで「日産に通らなきゃ、広島のマツダに行ってもいいかな」とは思っていたんだ。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 53 黒沢元治のアクティブ・ドライビング その2 サーキット』(2000年、講談社) 出典 [編集 ]• テレビ放送の解説を行っていたは、黒澤がローリング中に蛇行や急減速を行ったこと(ウィービング)に対し「ここまでいったらイカン、やりすぎだと思う」と解説している。

5
元治 黒澤

現状このクラスとしてはけっして重すぎることはないが、もし30〜40kg程度軽量化し、1. 家族 [ ] 実子である、、は何れもレーシングドライバーである。 実子である黒澤琢弥、黒澤治樹、黒澤翼は何れもレーシングドライバーである。

10
元治 黒澤

等々、数え上げればきりがないほど。 ホンダ系チームで2輪ライダーとして活動。 にで出場し優勝、ととともに「追浜ワークス三羽ガラス」などと称され、日本を代表するレーシングドライバーとなった。

2
元治 黒澤

6リッターターボに7速EDCを組み合わせたグレードとなる。 タイヤの重要性を理解していない」と述べている。

1
元治 黒澤

問題の本質は、「だれ」が事故をおこしたのかではなく、「なぜ」事故がおきたのかである。 マシンはヨーロッパなどで行われていたF2と同等でしたが、F2が量販されているエンジンを使用しなければならなかったのに対して、F2000ではレース専用設計のエンジンを使用しても良い規定となっていたため、F2を名乗らずF2000として開催されていたのです。 「クラッシュ=事故死」そういう中で彼等はレースをしていた訳です。