青楼 オペラ 12 巻 ネタバレ。 青楼オペラネタバレ48話/12巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

ならば吉原を出るしかありません。 早速店を飛び出して客を捕まえようとする朱音。

ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

大見世の【曙楼】に登楼できるようなお金のある客が見つからず、弱気になりながらも歩いていると、稲荷神社に行きつき、そこでお参りをしていた【ざんばら髪】の男が朱音の姿を見るなり「 売られたのか!?」と凄い剣幕で近寄ってくるが、その後「ざまぁねぇな」と捨て台詞を言って去って行く。 ですが紫は現実を突き付けました。 その立ち回りが今評判の 「傾城夜明英(けいせいあけのはなぶさ)」という芝居の薙刀名人の朱姫を彷彿とさせると弥次馬たちが湧き立ちます。

12
ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

「当然よ 紫ちゃんだもの」 紫にご執心の大名・真堂は、あの直後大樹公のご息女うを賜るこおtになり、泣く泣く身請けを諦めた。

ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

気晴らしにと言ってくれた菊之丞には悪いですが、茜はとてもそんな気分にはなれませんでした。 紫は「阿呆が2人もおる」と鼻で笑い、自分らしくもないことして損したとその場を去ろうとする。

17
ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

青楼オペラのコミック第10巻が発売されましたね。 話を聞いた利一郎は、 茜を身請け金を用意するのは難しそうだと暗い顔をするのでした。 これからどうやって朱音は情報を得ていくのでしょうか? 朱音と惣右助の関係はどのように変わっていくのでしょうか? 今後の展開が楽しみです。

5
ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

かけられた呪いに苦しむ茜 惣右助と会いたがらなかった茜が現れると、その 憔悴しきった様子に驚く惣右助。 芝居小屋の太夫元や狂言作者に本当にあったことを語り、芝居にする権利を売ったのです。 一方茜は、たとえお金が用意できたとしても、こんな状況の中で、遊郭の女郎を請け出したなどと、近江屋の跡取りの惣右助が話題になることは、絶対に避けなければいけないと考えます。

6
ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

真木村は今も変わらず医者とお庭番の二つの顔を持ち、今度、お城のお役目を賜ったのでしばらく会えなくなったと言いに来てくれたのです。

ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

でも 当然、朱音だって しっかり考えた上で、決断しているのですよね。

13
ネタバレ 12 巻 青楼 オペラ

そんな二人のやり取りを見ていた紫は、損したと口にしましたが、内心は茜を心配していました。

14