吉田 博 展。 東京会場チケット情報

展 吉田 博

特に『日本アルプス十二題』や『瀬戸内海集』は、必見の作品です。 意外な人物とも関係があった。 《マデュラの神殿》 吉田博らしいヒマラヤの風景を表現した作品とともに、幻想的なこれらの作品もぜひお楽しみください。

展 吉田 博

ということで、本当に楽しみにしていた吉田博展ですが、開幕日前日のプレス内覧会でたっぷり取材させていただくことができましたので、見どころをまとめてみたいと思います! 「没後70年 吉田博展」では木版画家としての画業に注目 展示風景 現在、新版画の系譜に連なる木版画家としては、川瀬巴水(かわせはすい)と人気を二分する吉田博。 27人が参加。

17
展 吉田 博

生涯に渡って影響を及ぼしていたというのも理解できる。 141 その平均30数回という摺数は、妥協を嫌った性格の賜物といえるでしょう。 本展では、近年急速に再評価が進み、高い人気を誇る吉田博の木版画を一挙に公開します。

10
展 吉田 博

版下絵を描く絵師は、版元のチームの一員です。

展 吉田 博

・44歳で木版に出会い、49歳で本格的にに取り組む。 ちょうど展覧会に行く少し前にこんなツイートを見ていたので、あ、あれのことだ!とすぐに結びついた。

6
展 吉田 博

懐かしさの漂う日本的な情景や海外の風景など、水の流れや光の移ろいを繊細かつ大胆に表現した木版画は特に人気が高く、あのダイアナ妃も好んだことでも有名になった。 <会場>東京都美術館企画展示室(東京都台東区上野公園8の36 JR・地下鉄上野駅下車) <観覧料>一般1600円(1400円)、大学・専門学校生1300円(1100円)、高校生800円(600円)、65歳以上1000円(800円)、中学生以下無料=カッコ内は前売り。

4
展 吉田 博

派手さはないかもしれませんが、凄い技術力です。

展 吉田 博

かっこ内は前売りと団体10人以上の割引料金。 洋画家、水彩画家、版画家の顔を持つが、本展は版画を中心に全容をたどる大規模な展覧会だ。 戦前から人気があった事もあり、吉田家は進駐軍関係者が集うサロンのような場になりました。

展 吉田 博

展覧会場でまとめて展示された連作を見比べることによって、さらに作品を深く楽しめそうです。 27人が参加。 福岡県久留米市に出まれた博。

2