直木 三 十 五。 直木三十五 貧乏一期、二期、三期 わが落魄の記

三 十 五 直木

青春期の男女や、貴族、上流の婦人は、広く交際をしないから、すぐ手近い所の異性で済ます癖のある物であるが、私の前へ現れた女性として、私の齢に合うのは、この人だけである。

三 十 五 直木

しかし、三円から、六七円の売れ行きがあったし、三割近い利益であったから、店のこの小売と、仲間同士のやや大口の商売で、六、七十円の収入にはなっていたらしい。 私の受持ったのは三四年生の男女である。 高等学校だけは、やっといてやる」 父が四十歳の齢の子だから、二十で中学を出ると、父の齢は六十、高等学校卒業までしか生きていられないと考えたのも尤もである。

三 十 五 直木

家は無家賃、芋や、菜は、生徒がくれるから、一ヶ月五円もあれば十分である。 第三巻以降が受賞後に刊行されていることもそれを証明できる。

17
三 十 五 直木

章一 の放縱• だが、もう、何うする事もできなくなつてゐた。

9
三 十 五 直木

その隣りが、堺の名産、大寺餅の、名だけを使用している安餅屋であった。 いくら金持でも、物好きでも、合せて四畳半しか無い家には、余り住むことを欲しないものである。

17
三 十 五 直木

そして、その中に 「私は 貴下 ( あなた )が好きです」 と、書いてあった。 私が、十三四、親が、五十三四であるから、この収入が、父の最大収入であったのであろう。

20
三 十 五 直木

出来てから、四年目で、校長は、坪井仙太郎と云った。

18
三 十 五 直木

時々、近所からの貰い物などがあるが、そういう物は、自分の生活とは、ちがった物のような気がして、例えば、菓子を食べても、それが無くなると、欲しいという感じは、絶対にしなかった。 与一という名から考えて、十一番目の子らしいが、その時分、それ程正確に、名をつけていたか、何うか分らないから、断言はできない。

2
三 十 五 直木

遊びたい時分なので、急いで、御飯を食べ終ると、母に 「焦げあるか」 と、飯の焦げた所の残っているのを、催促する。 章十三 水分館• 僕が出入とも自動車だから、今に何んとか成るだらうと思つてゐる内に、そんなに、たまつてしまつたのである。

1