農業 センター。 みらい農業センター

センター 農業

施設のご利用に関して 利用料金表 利用料金表(基本利用料金) 貸室名 午前 午後 全日 午前9時から午後1時 1時間単位 午後1時から午後5時 1時間単位 午前9時から午後5時 研修室 660円 230円 880円 300円 1,430円 談話室(占有利用の場合) 330円 110円 440円 150円 720円 和室 330円 110円 440円 150円 720円 多目的ホール(占有利用の場合) 880円 300円 1,100円 380円 1,870円• 参加する・体験する 気軽に参加できるイベント・セミナーや農業体験等の情報• 和室 各種打ち合わせに利用できます。

6
センター 農業

農業改革を促進する研究開発 中期運営計画に基づく新品種、新技術の開発 中期運営計画に基づき、「ブランド力強化を支える新品種・新技術の開発」「先端技術の利活用による省力化、低コスト化技術の開発」等の4つの研究重点推進事項の推進や目標の進行管理に努める。 また、園内には12品種・700本余のが植えられた梅林があり、毎年2月から3月には特に多くの人が訪れる。

14
センター 農業

(接触、対面、大声の発声、激しい運動、飲食の禁止など) 5 その他、館内等に掲示している感染防止の案内について遵守願います。

4
センター 農業

研究・普及の内部評価・外部評価の実施 試験研究と普及事業については、会議や検討会などを通じて、その成果や進捗等を内部評価する。 また、農業体験希望者も積極的に受け入れ、農業・農村への理解を促進しています。 普及指導員の資質向上 人材育成計画に基づき、職場でのOJTや自己研鑽に取り組むとともに、体系的な研修により資質向上を図る。

センター 農業

農家の方々をはじめ、市民の皆様にも農業の大切さを知っていただき、さらに理解を深めていただくことを目指しています。 〔外部リンク〕• ただしイベント期間中は有料。

15
センター 農業

管理室 農業センターの施設管理・運営を行っています。 モノレール千城台駅から、で、便により経由地が異なるため約20分から45分。

12