レスラー 死亡。 職業に「プロレスラー」を含む有名人の死亡日リスト

死亡 レスラー

ザ・グレート・サスケ選手 みちのくプロレス所属の覆面レスラーであるザ・グレート・サスケ選手は、 1996年8月に行われたジュニア8冠統一トーナメントのウルティモ・ドラゴンとの決勝戦で、 トペ・コン・ヒーロ(リング上からリング下の相手に向いロープを飛び越えた1回転ジャンプの体当たり) を放った際に頭蓋骨亀裂骨折及び脳挫傷となり長期欠場しました。 シリーズ序盤戦では圧倒的な強さを見せ、タッグマッチながら アントニオ猪木から当時としては非常にレア 約2年ぶり な フォール勝ちを収めている。 それが自分のプロレスですから」と述べている。

10
死亡 レスラー

元プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 地方大会でも常に全力ファイトを見せ、会場人気はNo. なお、後藤自身も、美人記者と評判だったスポーツ紙プロレス担当記者と結婚し、周囲を驚かせている。 自身がタイガーマスクの覆面を被って父親と共に写った写真が残っていたり、タイガーマスクのデザインが施された自転車に乗っていたほど、当時の柴田にとっては心惹かれた存在だったという。

14
死亡 レスラー

また、に発足したがライセンスの発行を計画していたが、結局実現せずに終わった。 再試合ではマイバッハの覆面を剥がす暴走っぷりを発揮し、最後はスリーパーホールドでレフェリーストップ勝ちを収めた。

2
死亡 レスラー

大相撲での電撃廃業から約2年後にプロレスデビューを発表。 元妻は女子プロレスラーのソチ浜田。

5
死亡 レスラー

一時全身不随となる重傷を負った。 8月13日のG1 CLIMAX27優勝決定戦の休憩時間にリングに登場。 GHCヘビー級の初代タイトルにも輝いた。

14
死亡 レスラー

感受性が強くすぐに泣いてしまう」という性格。 プロレスラー、 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• その後、に入団。 日本人歴代最強プロレスラーは誰だ? ジャンボ鶴田 身長196センチ 体重130キロ 格闘技のバックボーン アマレス 所属 全日本プロレス 異名 完全無欠のエース 怪物 ジャンボ鶴田がその能力を覚醒しだしたのは、 天龍同盟、超世代軍との戦いからです。

死亡 レスラー

ジュニア時代からヘビー転向後しばらくは低空式ブレーンバスターも併用していた。

13
死亡 レスラー

現在は新日本プロレスのメディカルトレーナーとして活躍しています。

18
死亡 レスラー

ジュニアヘビーなどの軽量級からヘビー級へ転向したレスラーの中には、大柄な相手との過酷な試合や無理な肉体増強、或いは長年の痛み止め(ペインキラー)の副作用などの末に心身を故障して引退に追い込まれるケースが多い。 1981年2月19日の福島大会で、デビューから245戦目にして後輩相手にようやく初勝利を挙げる。

3