様子 を うかがう。 伺う・窺う・覗うの意味と違い 様子をうかがうはどれを使う?

を うかがう 様子

「伺う」の使い方 伺うは謙譲語の中で、相手の話を聞く、相手に質問をする、相手の場所を訪れるなどの意味を持つ言葉です。 一方、まず相手ありきの人もいます。

15
を うかがう 様子

例:窓をそっと開けて、家の中の様子を窺った。 伺うは、「聞く」や「尋ねる」や「訪ねる」の謙譲語です。 小さい穴から見ることが出来る範囲は狭く、得ることが出来る情報はごく僅かなものです。

13
を うかがう 様子

相手の本心を探っている 相手の本心を探ろうとすれば、相手の顔色をうかがってしまうね。

10
を うかがう 様子

相手がの時は高圧的な態度になるのにも関わらず、相手が強気な人の時にはスグに服従するタイプの人がいないでしょうか? このように相手の顔色をうかがいながら、緩急をつけるタイプの人は基本的にずるい人でしょう。 近況報告の返信礼状 手紙の書き方 文例 このたびは、御丁寧なお手紙をいただき、誠にありがとうございました。

13
を うかがう 様子

連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。 お互いギブアンドテイクが必要になります。 時には暴力ということもあるでしょう。

を うかがう 様子

一方、相手ありきの人は、相手の顔色をうかがい、相手の気持ちが乗ってくるお店を選択するでしょう。