担降り ブログ jr。 憧れの担降りブログ♡♡♡

Jr 担降り ブログ

これからも支え合えるような存在でありますように。 どの思い出も私にとっては大切で、ジャニオタ生活を語る上で欠かせないもの。

Jr 担降り ブログ

それに、これは彼が変わったわけじゃなくて、彼を応援する私の心境が勝手に変わってしまっただけ。 に所属はしているものの、わたしと彼らを繋ぐものは最早それしかないと言えた。

9
Jr 担降り ブログ

加入した3人を叩くのはもっとお門違いです。

Jr 担降り ブログ

くんにもドリームボーイズの舞台を踏んで欲しかったという思いの方が強いからです。

17
Jr 担降り ブログ

ああ、また康二は辛い状況の中に飛び込まなければならないのかと辛くなった。 亡霊は帰らなきゃ。 思い返せばあの日を境に康二くんに対する、感情や思いが変わったんだと思う。

8
Jr 担降り ブログ

どうしても好きになれない髪型とかはありました 本音 そんな私がなぜ担降りしたいと思ったのか。

3
Jr 担降り ブログ

正直ショックだった。 「ファンが怖いだけで担降りするのは、それぐらいの愛だったんだ。

15
Jr 担降り ブログ

デビューは突然やって来るって本当にそうなんだなあと思った。

18
Jr 担降り ブログ

わたしのジャニオタ 遍歴は遡ること13年前からになります。 担降りという文化 担降りってジャニーズ(もしくは男性アイドル)でしか使わない言葉や文化であり、女性アイドルオタクであった僕にはあまり馴染みがない言葉でした。

11