イオン フェスタ 郡山。 イオン (店舗ブランド)

フェスタ 郡山 イオン

2016年6月10日に市内ユーカリが丘6丁目に開業した「イオンタウンユーカリが丘」の核店舗として移転オープンし、ファミリー向け業態として「 イオンスタイルユーカリが丘」に再改称された。 なお、イオンストアーズでは「イオンスーパーマーケット(AEON SUPERMARKET)」の屋号で食品スーパー業態も展開している。

7
フェスタ 郡山 イオン

(イオンカンボジア)• 跡地は傘下のが再開発を行い、ショッピングセンター「ヨークタウン取手」となり、2019年(令和元年)7月12日に核店舗となる食品スーパー「ヨークベニマル取手戸頭店」が開業した。 店名がイオンに変更された後も閉店まで看板はジャスコのままであった。 営業エリア:広東省(深圳市、恵州市恵城区、佛山市順徳区)• 福島交通「日和田フェスタ行き」が本館入口前まで乗り入れ。

4
フェスタ 郡山 イオン

また、2018年4月21日に旧イオン向日町店(後述)跡地にオープンした東向日店() からはこれまでの「ダイエー」ではなく「 イオンフードスタイル」で出店されており、新規出店店舗に加え 、2018年9月28日に改装オープンした(神奈川県横浜市) より既存店からの転換店舗も見られるようになった。

フェスタ 郡山 イオン

2020年6月2日閲覧。

7
フェスタ 郡山 イオン

大和市唯一のを併設していた。 しばらくは複合商業施設に入居する都市型スーパーマーケットのブランドとしてが展開していたが、(平成22年)にカルフールSAとの店舗名称使用ライセンス契約が前日の同年で終了した 事に伴い、旧・が展開していた6店舗を屋号変更して総合スーパーとしての「イオン」が誕生した。 なお、区内の城野3丁目にはイオン九州が運営する「マックスバリュエクスプレス城野店」がある(本店舗は同じイオングループであるの店舗だったが、2020年3月に店舗ブランドを保持したままでマックスバリュ九州へ運営移管され、同年6月に「マックスバリュエクスプレス」へ屋号変更。

フェスタ 郡山 イオン

同年7月12日には、の商業施設ビルの地下1階に、甲府ココリ店をオープンした。 2016年(平成28年)3月1日にイオンリテールに継承された旧ダイエー店舗のうち、最も早い同年3月4日に「イオン」へ屋号変更した店舗であると共に最初の閉店店舗にもなった。

2
フェスタ 郡山 イオン

- フェスタ専門店街とフェスタパワーの管理運営法人の日和田ショッピングモールがイオンモールの傘下となる。 1992年(平成4年)に「天王町サティ」へ転換され、2011年(平成23年)3月1日に「イオン天王町店」となった。 2012年2月21日• 2012年(平成24年)から [ ](平成25年)3月3日までは仮店舗としてイオン青山食品館を営業していた。

フェスタ 郡山 イオン

店舗を取り巻く環境の変化や建物の老朽化が閉店の理由。 建物はの所有であり、同社のバス停が併設され、店舗名の変更に合わせてバス停の名称も変更されていた。 2014年10月18日に市内築地に開業した「」の核店舗として移転オープン。