えろ くすぐり。 くすぐらんど

くすぐり えろ

そんなに気持ちよかったかい?」 「言わないでください……恥ずかしい……」 「へ。 今回の朱のように護送車で移送中、その車列に大型トラックやトレーラーが突っ込 んでくるというパターンは、アメリカだけでなくヨーロッパでもいくつも例がある ことを、茶木もユーロ・ポールの担当官から聞いたことがあった。 ほれ、ここもこんなに硬くなってるぜ」 牧田はそう言うと、勃起した乳首をくりっと指で捻ってやる。

くすぐり えろ

帰ってから少し走ろうかと思っていたくらいだ。 「どうぞ……えーー、捜査二課の……」 「茶木です。

くすぐり えろ

そこから肩、そして腋も彼の舌に制圧された。 少し緩めようとしている。

くすぐり えろ

ええ、捜査一課の佐藤美和子捜査員……でしたね」 「はい」 いやらしい視線を弾き返すようにして、美和子は毅然と起立する。 やや鼻につく柑橘系の匂いが蘭を襲う。

3
くすぐり えろ

「なんだ、おまえ、もういっちまうのか」 「いやっ……そんなの…あうっ…」 牧田に見抜かれていたと知り、蘭の羞恥は一層高まってくる。 こうされるとたまんねえんだろ?」 「あああっ」 牧田は腰を蘭に擦りつけるようにして、陰毛で彼女のクリトリスをくすぐってやる。 空手で心身共に鍛え、ちょっとやそっとでは負けないつもりだったのに。

16
くすぐり えろ

「どう、ってなあ……。

くすぐり えろ

いずれにせよ、護送ルートや日時は完全な部外秘だったのだ。 それは新一に捧げられるべきもので、彼とはまだ軽い口づけすらない。 それ故、牧田はそうしたことすら忘れて快楽に浸りたくなるくらいに蘭を狂わせる つもりだった。

14
くすぐり えろ

上半身は裸で、その身体は筋肉質だった。 捜査二課長の茶木警視が挙手した。