変わら ぬ ご 愛顧 を 賜り ます よう。 「ご愛顧」を使ってはいけない相手は?意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#15】

よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

また、「昨年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」のように、「ご愛顧を賜り」も「ご愛顧いただき」と同じように使うこともできます。 2019年に『ドミノ倒れ』『かぼちゃの馬車のクレームブリュレ』を同時刊行して小説家デビュー。 「恩賜」と言えば、天皇から賜ることで、「恩賜の煙草 天皇からいただいた煙草 」などのように使います。

1
よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

念のため悪い例を修正しておきましょう。 (5)さらなるご愛顧を得られますよう こちらは主に、今後の関係の継続をお願いする表現として用いられます。

5
よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

この場所は創業の建物でしたので、壊す時は何とも言えない感じでした。

6
よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

……と、五つの言葉を組み合わせます。 4:まとめ 今回は、「ご愛顧」の意味や使い方、類語等について詳しくご紹介しました。 この度はご丁寧な年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。

16
よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

こちらも挨拶の一部ではありますが、年賀状や暑中寒中見舞いに結びとして使われます。 同様に、「ご期待にそえるよう、これからも邁進してまいりますので、これからも変わらぬ御愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

7
よう ご ます ぬ 賜り 愛顧 変わら を

」といった具合です。 続けざまに• 」とまとめることで現状の引き立てを引き続きお願いしたいという気持ちを表現できます。 「これを機に、みなさまのさらなるご愛顧を得られますよう努力してまいりますので、今後ともなお一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます」のように使用できます。

13