九頭竜 川。 福井県の九頭竜川(くずりゅうがわ)について、九頭竜にまつわる神話、民話、伝説にはどんなものがあるのか...

川 九頭竜

そこで、このあたりを竜ヶ岡(たつがおか)と呼ぶようになった(『太平記』巻第二十に黒龍明神下での戦いの記載あり)。 しかし、老朽化の進行や水需要の再分配、の上水道需要の増大等から堰の改良が必要となり、(平成元年)より(現・)によって鳴鹿堰堤再開発事業、 の建設が開始された。

10
川 九頭竜

当時、十和田湖には八郎太郎というが湖の岩魚や水を喰らううちに八頭の大蛇となり湖を支配していた。

8
川 九頭竜

10月中旬までは河川内工事停止期間です。

13
川 九頭竜

福井平野の穀倉地帯形成に大きく貢献した「母なる川」である。

11
川 九頭竜

そもそも当時のが競艇事業を始めるきっかけになったのも、九頭竜川から流れ出る土砂で河口に位置する三国港(現・三国港地区)が埋そくされるため、その事業の費用を償還するためのものであった。

川 九頭竜

この御井の霊泉には九頭一身の龍神が住んでおられる、と今に伝わる。

川 九頭竜

爰行者起大嗔恚云、我是大聖明王持者三界摂領有頼、悪魔降伏不疑、十二大夫加護八大童子随形、第六天魔王尚繋縛、何況余者乎云、誦経論章疏要文、秘密真言神咒唱、凝邪正一如観念修真二諦法理之間、山動地騒四方悉如長夜闇。 より競技にふさわしい激流が生じるよう、川にコンクリートブロックを設置する。

川 九頭竜

ここ数年、鮎釣りシーズンには県外から多くの釣り客が訪れるようになりました。 箱根山で修行中の万巻上人が、このことを知ると、法力で毒龍を改心させて村人たちを救うと決意した。