対峙 する 意味。 「対峙」の意味と使い方、類語「対立・対面」との違い

する 意味 対峙

1、2番目の例文は、向かい合ってそびえている、向かい合ってじっとにらみあっているという、「対峙」の語義通りの使い方です。

する 意味 対峙

人生の問題にどう対峙していくかを考えてみよう。 スポンサーリンク 「峙」が使われる言葉 「峙」という漢字は音読みでは「ジ」ですが、訓読みでは「そばだ つ)」と読みます。

16
する 意味 対峙

自分と対峙することで本当の自分が見えてくるのだ。 引用元:『対峙力』P108 出版社:株式会社クロスメディア・パブリッシング しかし、相手をよく知った上で、苦手だと判断した場合は無理に関わることはないです。

する 意味 対峙

「 向かい合って敵対敵に反対し合うこと」、「 対決」や「 対抗」という意味。 」「敵と対峙する。

19
する 意味 対峙

「自己が確立した」といえるのは、普段の生活において「掘り出しきれていない自己」に自分が振り回されることがなくなった状態(わけがわからず感情が爆発しなくなったり、気づいていなかった自分の気持ちに気づいたり)だと思います。 対峙は向かい合わせで山などの高いものがある、という意味ですがが、峙立は単独で高いものがある、という意味になります。 3番目の「自分と対峙する」というのは、もちろん鏡に向かってじっとしているという意味ではありません。

する 意味 対峙

聳峙という言葉はまず普段の生活で見聞きすることはないですが、こういう言葉もあるんだな、程度に読んで下さい。 胸をはれるだけの収入も今はありませんし。

する 意味 対峙

対峙と似た言葉に、「対立(たいりつ)」があります。

7