大分 つり 情報。 防波堤情報 週刊つり太郎

情報 大分 つり

基本的に15cm前後が多いが、20cmオーバーもチラホラ。 エギングのモイカがぽつぽつ。

情報 大分 つり

河口では寒チヌの魚影が濃く、テトラやストラクチャー周りを丁寧に探ると良い。 足の裏サイズまでの引きを楽しめるので、チヌとはまた違った釣り味を楽しめる。 上浦〜蒲江方面 アジ・チヌ・クロ・モイカ 佐伯方面では、各波止でアジが続釣中。

情報 大分 つり

夕まずめ以降の短時間勝負がオススメ。 明部では、アジが入っている可能性もあるので、アジが多い場合はそのままアジングに切り替えてみるのも面白い。

19
情報 大分 つり

明部では、アジが入っている可能性もあるので、アジが多い場合はそのままアジングに切り替えてみるのも面白い。

14
情報 大分 つり

日見港や網代港では、際狙いでメバルやホゴなど根魚が順調。 そのため、釣り人のマナーが問われるようになっている。

10
情報 大分 つり

徐々にチヌのアタリも増えている。 時期的には厳しいのだが、釣る人は40cmオーバーも釣っている。 釣れた時にどの位置のハリに掛かっているのかもチェックして微調整を。

9
情報 大分 つり

日田の大山ダムでは、ワカサギが続釣中。

10
情報 大分 つり

大分〜佐賀関方面 チヌ・アジ・キス・カンダイ 西大分港や5号地テトラでは、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。 山国川河口では、午前中に引っ掛け釣りでボラ釣りが順調。 10~15cm級が多く、時間帯によってはまとまった数釣りができる。

13
情報 大分 つり

釣ったゼンゴを泳がせて、モイカや青物も狙えて楽しい。

14