マãƒŧ æ˛šã€‚ 「ナãƒŧæ˛šã€ã¨ã€Œãƒžãƒŧæ˛šã€ãŽé•ã„ã¯?

æ˛š マãƒŧ

éģ’マãƒŧæ˛šãŽä¸ģãĒ材料は、 ãƒģ胥éēģæ˛šīŧˆã”ぞあãļらīŧ‰ ãƒģ揚げたり、į„Ļがしたりした、ãĢんãĢく åˆĨ名「į„ĻがしãĢんãĢãæ˛šã€ã€‚

æ˛š マãƒŧ

これでマãƒŧæ˛šãŽå‡ēæĨ上がり。

15
æ˛š マãƒŧ

åˆĨ名「į„ĻがしãĢんãĢãæ˛šã€ãĒおともå‘ŧばれぞす。 最初はãģんぎりčŒļč‰˛ã€æŦĄãĢややį„ĻげčŒļč‰˛ã€æŦĄãĢčŒļč¤č‰˛ã€æœ€åžŒã¯ãģとんおį‚­ãŽįŠļ態です。 「マãƒŧæ˛šã€ã¨č¨€ãŖãĻもåŋ…ずãĢんãĢくをį„Ļがしたį‰ŠãŒå…ĨãŖãĻいるというわけではãĒい。

4
æ˛š マãƒŧ

ã—ã‹ã—äšåˇžåœ°æ–šäģĨ外ぎ斚ではマãƒŧæ˛šãĢあぞりéĻ´æŸ“ãŋがãĒいという斚もいぞす。

7
æ˛š マãƒŧ

å‘ŗを変えることができる 豚éĒ¨ãƒŠãƒŧãƒĄãƒŗぎ魅力はæŋƒåŽšãĒå‘ŗわいです。

17
æ˛š マãƒŧ

肉ãĢも魚ãĢã‚‚ã€é‡ŽčœãĢだãŖãĻよく合いぞす。 äŊŋう際はåē•ã‹ã‚‰ã‹ãæˇˇãœãžã™ã€‚ マãƒŧæ˛šãŽéĻ™æ°—、č‹Ļå‘ŗがã‚ĢãƒŦãƒŧという料į†ãĢムチãƒŖクチãƒŖ合うんです。