ご 足労 いただき ありがとう ござい ます。 「ご足労いただき」【意味・使い方・例文・類語】目上の人には使える?|語彙力.com

足労 いただき ござい ご ます ありがとう

さらに「ご足労いただき」と丁寧な敬語表現が付いていますね。 」と、お詫びをするために使ったり、来ていただいた後に「ご足労いただきありがとうございました。 。

4
足労 いただき ござい ご ます ありがとう

先日は弊社まで「ご足労をおかけ致しまして」たいへん申し訳ありませんでした。 「お足元」というのは、「足がついている地面」を意味しています。

12
足労 いただき ござい ご ます ありがとう

今回、ご提案させていただいた採用プランですが、 何かご不明な点がございましたら改めてご説明をさせていただきます。 「足労」は「歩く」「行く」などの意味を丁寧にしたもので、意味は「わざわざお越しいただく」です。 ただし、顧客や取引相手には使わないよう注意しましょう。

6
足労 いただき ござい ご ます ありがとう

「ご足労」の意味は、「 相手にわざわざ足を運んでもらう」という意味のある言葉です。 つまり、来てもらった日に雨が降っていたというような 悪天候な日に足を運んでいただいた場合に「お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」というような良い回しを使用します。

2
足労 いただき ござい ご ます ありがとう

本日はあいにくの天気の中「ご足労をおかけ致しまして」誠に申し訳なく思っております。 お礼を言う場合は、「お力添えいただき、ありがとうございます」という言葉を使うといいでしょう。

12
足労 いただき ござい ご ます ありがとう

「お手数ですが」がある場合とない場合では、ある場合の方が優しく聞こえますよね。 つまり、本来はこちらから足を運ぶ・出向くのがビジネスマナーとされているにも関わらず、わざわざ相手が来て頂いたと言う事実に対して、感謝の気持ちを「ご足労おかけします」という言葉で表します。

2