徳川 御 三 卿。 徳川御三卿

卿 徳川 御 三

御三卿当主は常に存在しているわけではなく、不在のまま家だけが存続することが許されていたことも、他の家との大きな違いである。 の血筋が、江戸幕府初代将軍「」よりも遠縁になったことを危惧したため、創生されたと言われています。 ここでついにお待ちかね!徳川御三家の登場です。

3
卿 徳川 御 三

いずれも消費税込み。

11
卿 徳川 御 三

いずれにせよ管理人好みの話である 笑。

19
卿 徳川 御 三

「いざというとき将軍の跡継ぎを出す資格を持つ」という以外は、他の大名と同じです。

卿 徳川 御 三

そして、4代当主に一橋徳川家から11代将軍「」(とくがわいえなり)の異母弟となる「徳川斉匡」(とくがわなりまさ)を迎えたことで、田安徳川家は御三卿のなかで唯一、幕末時代まで徳川吉宗の子孫が当主となった家柄となりました。

1
卿 徳川 御 三

ただし 「水戸徳川家」については両家より少し家格が劣り、将軍家に養子を出すことは許されていませんでした。 しかし時代が下ると、尾張家と紀伊家では御連枝による当主継承も断絶し、財政の貧窮や御附家老による運動で、を含む吉宗以降の将軍血統より当主の継承がなされるとともに、幕府への依存度が高まる一方で幕府財政を圧迫した。 以下の三家を指す。

16
卿 徳川 御 三

御連枝により、尾張家のは4代、紀州家のは3代、水戸家のは2代の御三家当主を出した。 また、歴史はいずれも勝者のものです自分たちの都合の良いように残すのも仕方のないことです。

16
卿 徳川 御 三

御三家と同様に、将軍の跡継ぎを輩出することを目的に創設されました。

18
卿 徳川 御 三

ところが、田沼が失脚して松平定信が老中として舞い戻ってくると、守旧派との取引で、空家になっていた御三卿システムを復活させてしまいます。

18