不死身 の 爬虫類。 SCP

の 爬虫類 不死身

SCP-1237事象発生の7分後、SCP-1237-1-Lは自身の身体を激しくつかみ始めました。 SCP-682は全ての与えられたコマンドを無視しました。 類 - 絶滅• 強烈な光と放射線により視界が失われました。

8
の 爬虫類 不死身

標本は耐火性の向上を示しました。 アイテム: 体組織による試験の記録: SCP-536のダイヤル調整の個別の効果のために、体組織は複数の標本に分割しました。 クソトカゲがいかに強力であろうとも このオブジェクトにかかれば 休日のお父さんのような無気力ワニに 成り下がってしまうはずです。

17
の 爬虫類 不死身

SCP-682には驚異的な再生力、回復力があり、 身体の87%を破壊、腐食させても動き、 会話することが確認されています。 。

20
の 爬虫類 不死身

そして、さらに、 ・人間は、他の生物と比べて「特異な老化と死亡率の関係」を持っている ということもわかってきています。 地球の生命種のグループには、 ・年を取るにつれて死亡率が上昇する ・年を取るにつれて死亡率が「下がる」 ・死亡率が一生を通じて一定 などがあり、たとえば、ヤドカリは一生を通じて死亡率が一定ですし、砂漠に住むある種のリクガメは、 年をとればとるほど死亡率が下がる(老化と死亡率が逆)という生物も多くいます。 「私のこの発見は、すべての動物が老いるという考えに再考を促しました」 「研究前は、どんな動物も老化から逃れることはできないだろうということを予測していたのですが、研究結果は、それらの定説の妥当性に疑問を呈することになったのです。

12
の 爬虫類 不死身

SCP-682、通称クソトカゲはSCP史上最も強いSCPとして知られていて こいつより強いSCPは作れない一種の政策上のボーダーラインとしても機能してるっす。

1
の 爬虫類 不死身

には、などが、からはが繁栄した。 その中でも 最強と名高い強力なSCPオブジェクトを7つ集めてみました。 なんでかはしらね. 回収担当者が「戦場」となっていた物語の牧草地を説明するに、いくつもの体の破片と特徴的なクレーターがあたりに広がっていたとのことです。

20
の 爬虫類 不死身

実験はクソトカゲとSCP-173を 同じ部屋に閉じ込めた上で クソトカゲの目をスナイパーライフルで撃ち抜くことで 強制的に視線を外させる方法で行われました。 補遺682-Bを参照。

10
の 爬虫類 不死身

そのエラはあらゆる溶液から使用可能な物質を取り除くことができ、収容コンテナの酸から常にSCP-682が再生することを可能にしています。

6