蔵王 遭難。 慰霊登山 ~蔵王遭難~

遭難 蔵王

父が大きい古ぼけた革トランクを持ち、中折れ帽子に太いステッキをつき、柏崎に出かける姿を門まで見送りましたが、これが最後の別れとなりました」と綴っている。 またメンバー全員が登山経験を有し、特にリーダーは今回13回目の吾妻連峰登山だった。 渡辺さんの遺児で、三女の宮崎のぶ子さんが、創立90周年記念の柏崎高同窓会誌に手記を寄せている。

遭難 蔵王

小生は、黒子として、引き続き、柏崎とのパイプ役に徹しますので、何なりと、ご用がある時は、おっしゃってください。 旧制仙台二中の修学登山隊が、熊野岳付近で悪天候に見舞われ、生徒7人と教諭2人の命が奪われたのである。 大正7年(1918年)10月23日、教諭4人が引率し151人の生徒が蔵王登山中に、大吹雪に閉じ込められ、道を見失った9人(生徒7人、教諭2人)が遭難死した痛ましい事件である。

19
遭難 蔵王

そして、11時50分に熊野岳に登ったところで、「風雨強烈にして、休憩不可能なりき。 また、避難小屋での宴会を企画するリーダーの計画を問題視する者がいなかった点も悲劇に拍車をかけた。 リーダーは登山歴30年で資格もある新聞社勤務の男性で、同じルートを以前に二度経験していた。

3
遭難 蔵王

仙台二高の皆さんのおかげで、生き長らえています。

遭難 蔵王

中西利徳の孫」 (註:中西利徳先生=国漢担当=は、渡辺校長の前任校、旧制柏崎中(現在柏崎高)以来の腹心の部下。 生徒たちが、日本の中世、近代史を、東北の視点から学ぶための貴重な教材になるに違いない。

遭難 蔵王

メンバー中で最年少。

9
遭難 蔵王

柏崎高校といえば、前身が旧制柏崎中で、創立104年の歴史があり、政、官、財、学の各界に幾多の人材を輩出している上越地方の名門校である。

16
遭難 蔵王

宏さんともども、筆者も、心よりお礼申し上げます。 残る男女2人で9時に白浜を離れ、雪崩の危険がある西側の谷を下りていくが力尽き、結局16時過ぎにビバークする。 (註:この件は、近刊の二高同窓会報に、清野さんが寄稿しているので、参照を) 月田、清野両兄からの報告によると------。

3
遭難 蔵王

設備の違いはあれど慶応吾妻山荘では天気予報などの情報を受信しており、7人はラジオが無かったため、そうした情報を得る手段を有さない状況に陥ってしまった。

12