社会 調査 の ウソ。 楽天ブックス: リサーチ・リテラシーのすすめ 「社会調査」のウソ

ウソ の 社会 調査

完璧な調査などありえず、このズレを最小にしようとするのが社会調査方法論である。 ギャンブル学の研究者としても有名な方です。

14
ウソ の 社会 調査

(3回 Y.A.) * 「ゴミ」という単語は「不必要で無駄な物・捨ててしまう物」を指す。 というよりもウソの情報が流されていることなど考えられませんでした。 同じ事柄に対する報道内容が、新聞によって全く逆であるなど…。

1
ウソ の 社会 調査

また、サンプリングの問題のほかにも、設問にある種の解答に誘導するような「キャリーオーバー効果」が認められたり、あるいは相関を意図的に作ってしまうようなデータの操作、及びヴィジュアルなどによる印象操作が見られたりする。

3
ウソ の 社会 調査

小泉首相の支持率のように、市民の考えは移ろいやすい。 反対ですか」という内容で、この質問に対しては、「賛成」が58%に達しているのです。

ウソ の 社会 調査

『テレビ番組で暴力シーンを見ることが多い子供ほど暴力行為や、万引き、喫煙など非行・問題行動に走りやすいことが、の調査結果で明らかになった』という調査結果が平成11年に発表された事もありますが、これも、「テレビ番組で暴力シーンを見たので、暴力を振るうようになった」のではなく、「暴力が好きだから、テレビ番組の暴力シーンを好んで見ている」と考える方が普通でしょう。

19
ウソ の 社会 調査

著者が「ゴミ」と呼ぶ、根拠のない「社会調査」結果を、いくつも記事にした経験を思い出し、「ううう……」とうめきながら、今後は「ゴミ」を増大させないためにも気を付けて記事にしよう(あるいは記事化を見合わせよう)と思った。 これから新聞を読む時には背景も踏まえメディアリテラシーだけでなく、リサーチリテラシーをできる限り働かせ読まなければならないと感じる。

14