ホモ エレクトス。 人類歴史年表|出アフリカ|人類|ヒト|歴史|誕生|進化|宇宙

エレクトス ホモ

(学名: 、和名の表記揺れ:ホモ・ルドルフェンシス)は、ケニアで発見された一つの不完全な頭骨である。

エレクトス ホモ

身長は150cmほどで、ずんぐりとした体格をしていたと考えられています。

8
エレクトス ホモ

これをアフリカ単一起源説という。

7
エレクトス ホモ

脳容量900cc。 これらの特徴は、樹上生活において、正確に枝から枝に飛び移るために不可欠な能力である。

2
エレクトス ホモ

しかし美味しい完熟した果実、木の実など実っている森の中心部には他の獣、牙や爪をもった生き物が占めていました。

エレクトス ホモ

約二三〇~一四〇万年前に生息していたと考えられる彼らは身体の大きさはアウストラロピテクスとほぼ同じだが、脳が600~700ミリリットルと大きく手は現生人類�. 認知考古学者スティーブン・ミズンはを受け入れ、異なる神経構造を基盤に持ついくつかのモジュール化された心的機能(例えば言語能力、心の理論、直観的な物理の理解など)が個別に発達し、一般的知能が異なるモジュールの相互作用で完成したのではないかと考えている。

15