昭和 10 年 年齢。 1930年(昭和5年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

10 年 年齢 昭和

我が国の人口集中地区• 年齢早見表(2021年版) 年齢は満計算で誕生日を基準とします。 我が国人口の概観• 人口移動• 2012年6月9日閲覧。 (昭和64年・平成元年)の人口動態統計では合計特殊出生率が1. 年齢 人口 0 歳 1,042 1 1,042 2 1,067 3 1,044 4 1,044 5 1,073 6 1,069 7 1,061 8 1,059 (合計特殊出生率 1. 臨時国勢調査 全国都道府県郡市区町村別人口概数 昭和25年(1950年) 昭和25年国勢調査報告 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 《人口,年齢,配偶関係,労働力状態,職業,産業,従業上の地位》 第3巻 10%抽出集計結果 その1 男女別,年齢,配偶関係,国籍又は出身地,教育,世帯,住宅,出産力 その2 労働力状態,職業,産業,従業上の地位,就業時間 第4巻 全国編I 男女別,年齢,配偶関係,国籍又は出身地・出生地,教育,世帯,住宅 第5巻 全国編II 労働力状態,職業,産業,従業上の地位 第6巻 常住人口及び現在人口 第7巻 都道府県編(46分冊)(その1 北海道 ~ その46 鹿児島県) 《人口,年齢,配偶関係,国籍,労働力状態,職業,産業,従業上の地位,在学者数,世帯,住宅》 第8巻 最終報告書 その他• 82 1998 平成10 126,400 1,215,000 933,000 282,000 9. 63 1937 昭和12 70,360 2,164,949 1,198,400 966,549 30. 95 1978 昭和53 114,913 1,708,643 695,821 1,012,822 14. 世帯構成とその地域性 その他• 国勢調査速報 世帯及び人口 昭和15年(1940年) 国勢調査報告 第1巻 人口総数,男女の別,年齢,配偶の関係,民籍または国籍 第2巻 産業・事業上の地位 第3巻 職業 その他• 35 1977 昭和52 113,872 1,755,100 690,074 1,065,026 15. 日本の人口(昭和45年国勢調査の解説) 1970年(昭和45年)・沖縄• わが国の人口集中地区• 国勢調査内地人口数(市町村別) 昭和22年(1947年)(沖縄県は調査していない) 臨時国勢調査結果報告 其の1 人口の概要 其の2 全国都道府県郡市区町村別人口 其の3 労働力人口に関する概要 其の4 出身地域及び国籍別人口の概要 其の5 視聴覚障害者の数 其の6 世帯数の概要 其の7 年齢別人口 その他• 国勢調査速報 世帯及び人口• 都市化構造とその変動• 3 1908 明治41 47,965 1,734,000 1,037,000 697,000 33. 市区町村の人口階級別および人口集中地区人口階級別全数集計結果• 98 1995 平成7 125,472 1,187,064 922,139 264,925 9. 2022年の誕生日を迎えていない場合は1歳マイナスして計算してください。

8
10 年 年齢 昭和

外部リンク [ ]• 高齢人口と高齢者のいる世帯• 2018年10月2日閲覧。 本ページはシンプルでオーソドックスなタイプの年齢早見表、西暦1935年、昭和10年生まれの人版です。

16
10 年 年齢 昭和

大都市への通勤・通学人口図 調査区関係資料• 59 2005 平成17 127,760 1,087,000 1,078,000 9,000 8. その後も人口増加を続け、に1億2808万人でピークを迎えている。 人口移動• 通勤・通学人口及び昼間人口• 2022年に満年齢を迎えた場合の年齢早見表です。

10 年 年齢 昭和

United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division 2015. 昭和(しょうわ)は1926年12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで• 1872年(明治5年 の段階では3480万人だった日本の人口は1912年(明治45年)に5000万人を突破し、1936年(昭和11年)には6925万人に達していた。

2
10 年 年齢 昭和

31 1975 昭和50 111,573 1,901,440 702,275 1,199,165 17. 89 1980 昭和55 116,807 1,576,889 722,801 854,088 13. 3 1910 明治43 49,184 1,782,000 1,071,000 711,000 33. 83 2015 平成27 126,900 1,005,677 1,290,444 -284,767 8. 全国都道府県市区町村別世帯および人口概数• 通勤・通学人口及び昼間人口• 我が国の人口(1%抽出集計結果による)• その後も出生率の減少傾向は続き、(平成17年)には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1. 外国籍 [ ] 2018年末時点での外国籍者数は2,731,093人となっている。 調査区関係資料利用の手引 その他• なお、年齢は満年齢で記載しています。 全国都道府県別結果速報(1%抽出集計結果)• 大都市圏の人口 日本人口地図シリーズ (市区町村別の主要な結果について,地図上で視覚的に表した人口地図) 調査区関係資料• 44 2017 平成29 946,060 1,340,433 -394,373 1. 人口階級別人口・世帯数 (市町村人口及び市町村の人口集中地区人口による)• 抽出速報集計結果 編集・解説シリーズ• 人口の労働力状態,就業者の産業・職業• 調査区関係資料利用の手引 その他• 従業地・通学地に関する集計結果(46分冊)• 我が国の人口• 全国速報集計結果(1%抽出集計結果)• 61 1967 昭和42 100,725 1,956,725 679,797 1,276,928 19. 2002年(平成14年)の第12回出生動向基本調査によると、結婚持続期間が0-4年の夫婦の平均理想子供数と平均予定子供数は上の世代より減少しており、少子化の加速が懸念される。

16
10 年 年齢 昭和

調査区関係資料利用の手引(標本調査基礎資料編)• 国勢調査最終報告書 《記述;人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,従業の場所,失業,民籍国籍,世帯,住居の室数》• 27であった。 70 1954 昭和29 87,976 1,769,580 721,491 1,048,089 20. 国勢調査 記述編 大正14年(1925年) 国勢調査報告 第1巻 記述編 《人口,體性,年齢,配偶関係,世帯》 第2巻 全国結果表 《人口,年齢,配偶関係,世帯》 第3巻 市町村別世帯及び人口 第4巻 府県編(47分冊) 《世帯,年齢,配偶関係》 その他• 国勢調査速報 世帯及び人口 昭和5年(1930年) 国勢調査報告 第1巻 人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,民籍国籍,世帯,住居 第2巻 職業及び産業 第3巻 従業の場所(2分冊) 第4巻 府県編(47分冊) 《人口,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,世帯,住居》 第5巻 市町村別人口 その他• 日本人口の高齢化と家族構造の変貌• 高齢人口• 39となった。

10 年 年齢 昭和

61 2014 平成26 127,083 1,003,539 1,273,004 -269,465 7. 後に日本の人口の急増が始まった。 他の東北地方も総じて低水準となっている。 男女・年齢別人口,世帯と住居• 【昭和19年(1944年)】• 都道府県の人口(都道府県ごとに47分冊 日本人口地図シリーズ 展示用地図(四六全判)• 国勢統計区別集計結果• 国勢統計区境界図 解説シリーズ• 都道府県の人口(都道府県ごとに47分冊)• 81 2007 平成19 127,750 1,101,000 1,103,000 -2,000 8. 年 総人口 [千人] 出生数 死亡数 自然増減数 1000人 あたりの 推計出生数 1000人 あたりの 推計死亡数 1000人 あたりの 自然増減数 合計特殊出生率 出生数 1000人 あたりの 幼児死亡数 平均寿命 男性 平均寿命 女性 1899 明治32 1,386,981 32. 昭和35年国勢調査調査区の概要ならびに関係資料の利用 1960年(昭和35年)・沖縄(琉球政府計画局統計庁) 国勢調査報告• 第1巻 総括編• 4 1916 大正5 53,496 1,873,000 1,196,000 677,000 32. 一方、老年人口は、(昭和25年)(4. 日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象のため終戦直後の1940年代後半にはが起き、出生数は年間約270万人に達した。

5
10 年 年齢 昭和

39 2011 平成23 127,770 1,050,806 1,253,066 -202,260 8. 国勢統計区編 国勢統計区別集計結果 国勢統計区境界図 日本人口地図シリーズ• 大都市圏• 9 1902 明治35 44,964 1,570,000 965,000 605,000 32. 抽出速報集計結果 編集・解説シリーズ• 住居の状態 昭和60年(1985年) 昭和60年国勢調査報告 第1巻 人口総数 第2巻 第1次基本集計結果<人口・世帯の基本属性> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第3巻 第2次基本集計結果<産業構成> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第4巻 第3次基本集計結果<職業構成,特定世帯の状況> その1 全国編 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第5巻 抽出詳細集計結果 その1 全国編(3分冊) 第1部 就業の状態,産業,職業,従業上の地位,社会経済分類 第2部 世帯の家族類型,世帯の経済構成 第3部 住居の状態,夫婦の労働力状態,母とその同居児 その2 都道府県・市区町村編(都道府県ごとに47分冊) 第6巻 従業地・通学地集計結果 その1 従業地・通学地による人口-男女・年齢・産業(大分類)(6分冊) 第1部 北海道・東北 第2部 関東 第3部 中部 第4部 近畿 第5部 中国・四国 第6部 九州・沖縄 その2 従業地による人口-職業(大分類)(3分冊) 第1部 北海道・東北・関東 第2部 中部・近畿 第3部 中国・四国・九州・沖縄 その3 従業地による人口-産業・職業(中分類)(20%抽出集計結果) 第7巻 特別集計結果 (その1)産業・職業の小分類クロス集計(1%抽出集計結果) その2 産業・職業の小分類クロス集計(20%抽出集計結果) その3 外国人に関する集計 別 巻 我が国の人口集中地区 最終報告書 日本の人口 解説編 資料編 速報シリーズ• 国勢調査でわかる人口の増減• このとき、合計特殊出生率はほぼ横ばいであったが、出生数は増加し、200万人以上となったためと呼ばれた。 19 1961 昭和36 94,943 1,611,772 700,459 911,313 17. 経済白書に「もはや戦後ではない」という有名な文言が登場したのが1956年。 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 33 1979 昭和54 115,890 1,642,580 689,664 952,916 14. 元号別総人口 元号 割合 昭和 71. 日本の出生に関するデータの推移 年 1970 S45 1980 S55 1990 H2 2000 H12 2001 H13 2002 H14 2003 H15 2004 H16 2005 H17 2006 H18 2007 H19 2008 H20 2009 H21 2010 H22 2011 H23 2012 H24 2013 H25 2014 H26 2015 H27 2016 H28 出生数(万人) 193. 41 2013 平成25 1,029,816 1,268,436 -238,620 1. お間違いがないようご注意下さい。