江原 啓之 コロナ 予言。 未来が不安な人へ…江原啓之「2020年後半を生き抜く」緊急提言 — 写真・小川朋央(江原さん)

啓之 予言 江原 コロナ

「江原さんの予言が当たった!」と話題になっているそうですが、そんなことは二の次。 お風呂のお湯と水がしっかり混ざっていないような気持ちの悪い年になります。

12
啓之 予言 江原 コロナ

収束したとしても、その後は経済の低迷、治安の悪化などが懸念され、私たちは生き方を根本から見直す必要に迫られるでしょう」 では、私たちは未来をどう生きていくべきなのか。 自分が感染源になって家族や周りの人たちにうつすかもしれないということには、まったく想像が及ばないのですから…。 江原啓之の予言が発表される時期 江原啓之さんはその年の予言を毎年、• その後、数多くの霊媒師に依頼するも解決しなかったそう。

19
啓之 予言 江原 コロナ

せっかく授かった力であるからこそ、人のために使わなければいけない。 焦るその気持ち自体が、苦しみのモトになってしまいます。

6
啓之 予言 江原 コロナ

聖心女子大学教授を経て国際コミュニオン学会名誉会長。 よくよく考えてみてください。

17
啓之 予言 江原 コロナ

私は「コロナ禍」という言葉に違和感を抱きます。 また去年は令和元年だったので記念入籍とかあったけれど、それが全てではないけれど結婚の破綻とか。 鈴木:ノーベル文学賞を受賞したノルウェーの小説家、ビョルンソンが書いた『父親』という作品があります。

啓之 予言 江原 コロナ

食べるものも栄養を考えずただ詰め込むだけの生活。

14