自縛少年花子くんキャラクター。 地縛少年花子くん (じばくしょうねんはなこくん)とは【ピクシブ百科事典】

自縛少年花子くんキャラクター

怪我が絶えず、当時担任だった土籠にいつも手当てしてもらっていた。 (2019年01月28日現在) どんな内容かというと、学園七不思議の一つ「トイレの花子さん」の正体である花子くんが主人公で、怪異と人間の関係を正しく保つのを生業とする花子くんが本作のヒロイン・八尋 寧々(やしろ ねね)と出会い、体が金魚になってしまうという「人魚の呪い」にかかってしまった寧々を助けるため、呪いを抑えるのと引き換えに寧々を助手として使うことになったところから物語がはじまります。 スタッフ(舞台)• 両想いになるべく、寧々は人魚の鱗を使って願いを叶えようとするが、呪いを一身に受け、魚に姿を変えてしまう。

13
自縛少年花子くんキャラクター

花子くん曰く「チョードほしかったんだよ人間の助手。

2
自縛少年花子くんキャラクター

人と怪異の関係を保つ。 一方で、どこかつかみどころのない一面もある。

12
自縛少年花子くんキャラクター

噂は「この世の人間の大切なものを代償にその人物の願いを叶える」というもの。 また、桜には空気と呼ばれて、邪魔者扱いされている。

11
自縛少年花子くんキャラクター

おしとやかな性格で男子に人気があり、学園の中で一番のモテクイーンである。 本人曰く「そーゆーの最近流行らないんだよね」「花子くんって呼んでもいーよ」との事。 当初は花子くんを敵視していたが、何度か共闘していくうちに信用し始め、仲良くなっていき、彼とは寧々を挟んだ良きライバルになった。

20
自縛少年花子くんキャラクター

彼岸(あの世)の人間の願いを叶えることが出来るが、何か1つ代償を払う必要があります。 そんな花子くんを祓うためにやってきたのが中等部の源光。

3