すべて が 加速 する 世界 に 備えよ。 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

に すべて 世界 が する 備えよ 加速

海外マガジン• フェア• 「シリコンバレーのボス」が、この先10年のビジネス・産業・ライフスタイルを1冊に凝縮! ジャンルでさがす• しかし、それらに対して割と楽観的に新しい技術を可能性を信じていると思われる著者の姿勢は 技術者としては非常にしっくりきました。

2
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

ジャンルでさがす• 好きな作品はオンライン上にアップロードして公開することも出来るし、他人のお気に入り作品を楽しむことも出来る。

13
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。 シンギュラリティ大学創立者。

20
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

第三部は、水不足や気候変動などのリスクに注目し、電池テクノロジー フロー電池 や太陽光発電の効率化による解決策について論じられています. ディアマンディス,ピーター ディアマンディス,ピーター Diamandis,Peter H. Xプライズ財団CEO。 私には理解不能です。

1
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

すると、加速のペースはさらに加速する。 日本経済新聞記者を経て独立。 MITで分子生物学と航空工学の学位を、ハーバード・メディカルスクールで医学の学位を取得 コトラー,スティーブン[コトラー,スティーブン] [Kotler,Steven] ジャーナリストにして起業家。

15
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

ブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)の登場 BCIは脳に直接アクセスして脳と脳を接続する。 2030年には、「空飛ぶ車」「自動運転」「移動手段の変化」「「VR」「AR」「ロボット」「ブロックチェーン」などが、日常に存在するとされています. 簡単にいうと、以下のようなことをベースに具体的なエビデンスを示しながら、 直近10年くらいでどのようなことが起こっていくかが述べられています。 内容説明 小売/広告/エンタテインメント/交通/教育/医療/長寿/金融/不動産/環境。

7
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

脳波図()センサーを使い、頭皮から脳波を読み取って手を使わず物を制御できるようになる。 書かれているようにこのような変化は多くの破壊や新たな問題を引き起こすでしょう。 それがこの10年くらいで融合してさらに大きな変化になるというのは納得です。

15
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

この仲介者を排除し、代わりにネットワーク上のすべてのコンピュータが取引の正当性を確認する 仲介者(金融機関)を廃し不要にする技術に対して、排除される仲介者が ビジネスが侵食されることを前提に新しいビジネスモデルを検討するなら理解できますが、 そこは置き去りにして金融システムのどこにブロックチェーン技術が応用できるだろう とかの勉強会は笑うしかありません。 3Dプリンティング• 人が習慣を変えられないのも、企業がなかなかイノベーションを生み出せないのも、そして文化の変容にこれほど時間がかかるのも、すべてこのため これは、GAFAどころかユニコーン企業もなかなか生み出せない日本のビジネス土壌のせいであれば良いのですが。

8
に すべて 世界 が する 備えよ 加速

その最たるものがムーアの法則だ。

3