水性 ホビー カラー リニューアル。 GSIクレオス 水性ホビーカラーのリニューアル版

リニューアル 水性 ホビー カラー

これはサフの有り無しでも違いありません。

20
リニューアル 水性 ホビー カラー

ホワイトサーフェイサーがしっかりと塗料を受け止めてくれていきなり発色します。 金属色の質感が、Mrカラーに近い。 これは使っていけばコツがわかり、解決する。

20
リニューアル 水性 ホビー カラー

ちなみに水性ホビーカラーの希釈は、 従来の水性ホビーカラー用のうすめ液を用い、 希釈率は、 塗料:うすめ液=1:2 で行いました。

1
リニューアル 水性 ホビー カラー

メーカー:GSIクレオス 商品名:水性ホビーカラーH1~H96 販売価格:¥180- 税別 発売日:11月以降発売予定 11月以降発売予定のこのカラー、以前の水性ホビーカラーと比べるとかなり進化しています!乾燥スピードは塗膜の厚みにも寄りますが、薄く塗り広げる塗装では5分程度で乾燥し、塗膜も薄く、爪で引っ掻いても剥がれにくい強度を持ち、発色もとてもキレイで、シルバーやブラックは発色がとても良くスタッフのオススメです! このサンプルはスタッフが筆塗りの一度塗り、二度塗りで比較したものになります。 二回目の筆塗り 2回目の塗装です。

12
リニューアル 水性 ホビー カラー

ただ、ここまでがっつりと塗ってしまうと、拭き取った後、下地にまったく影響を与えない、とは言えないかもしれません。 さらに同様にイエローの色味を見ました。 すこし工夫は必要かもしれませんが、安全性も高く、メインで使っても問題ない塗料だと思います。

7
リニューアル 水性 ホビー カラー

洗剤なのでしっかりとツールにマジックリンが残らない様に洗いましょう。

9
リニューアル 水性 ホビー カラー

数点の部品で大体の形になる、旧キット素敵だ。

10
リニューアル 水性 ホビー カラー

アクリジョンの『ベースカラー』はどれも素晴らしい隠ぺい力を持ち、サーフェイサー1200番の上から塗っても、一回で簡単に塗りつぶしてしまいます。 トップコートは「ラッカー系」を使用する事も可能ですが、溶け出す可能性があるので砂吹きをしてじっくり馴染ませていきましょう。 今回生贄になったのは、タミヤの旧キューベルワーゲン。

6
リニューアル 水性 ホビー カラー

こちらはさすがに黒地にイエローはダメで、 つや消しホワイトを下地に、 イエローを吹いています。 乾燥時間が短くなった だと言われている。