Sier と は。 SIer・SEとITコンサルの違いは?役割・企業・スキルなどから解説

と は sier

ユーザー系 親会社の仕事をメインでする会社。 高い営業力を持ち、大きなプロジェクトに携わった 経験が豊富な企業であれば、安定性や信頼性が高いといえるでしょう。 大手企業の子会社だと待遇も良いところが多い。

と は sier

これは、日本の一般的な企業と同じ考え方ですね。

と は sier

子は親の鏡と言うが、SE達の下で働くようなエンジニアはSEも似る運命に在る。

と は sier

次から、SIerの業務で使われているウォーターフォールモデルに基づく業務工程について解説します。

17
と は sier

このような構造から別名ITゼネコンと呼ばれることもあります。 SI は、「 System Integration (システムインテグレーション)」を略した言葉であり、システムの開発・運用を受託することです。 でもたとえ態度は丁重でも、ごく自然無垢にエンジニアの事を下に見ている人たちが一番質が悪い。

4
と は sier

自分達が掌握できる程度の仕事を忠実に正確にやってくれそうな「セーフな人材」を買っているのだ。

19
と は sier

その他のキャリアパス 上記で挙げた以外に、SIer出身のエンジニアには以下のキャリアパスも考えられます。 なお、一般的な業務システムのプログラムは巨大になるため、多くのプログラマーが参加します。 2009年10月25日閲覧。

5