渡 鹿野島 ブログ。 渡鹿野島

ブログ 渡 鹿野島

ラストのしまかぜの雰囲気が、なぜか凄く清涼感を感じさせてくれました。 船の中はこんな感じです。 関連記事: 渡鹿野島を散策してみた 渡鹿野島国立公園の方へ行く この島は2つに分けられる。

9
ブログ 渡 鹿野島

わたかのパールビーチ 7月5日に整備し直され、風の休憩所が設置された。 遊女の岩? 昼頃までに島を一周出来るかと甘く見ていたが結局あれこれ寄り道してしまい無理だった。 今人気の旅館ははいふうという旅館で、ここは女性客も家族連れも高齢者も利用しています。

11
ブログ 渡 鹿野島

そして、実際そうなっています。

11
ブログ 渡 鹿野島

まぐろ刺身が新鮮でおいしくて、たくさんお替わりしました 笑 !! 沖縄って、魚がいつも新鮮ですよね。 関連記事:. かって韓国や台湾は男性天国の国でしたが、今や女性観光客のメッカになっているのですから、世の中分からないものです。 の中の一島であることから「わたなか」(海中)となり、転訛して「わたかの」となった。

10
ブログ 渡 鹿野島

渡嘉敷島の主な産業は、観光業で、年に10万人が訪れるそうです。 そんな高尚な人間ではありません。

ブログ 渡 鹿野島

「楽園」というわけにはいきませんが、余暇としてはいいということです。 それが渡鹿野島なんですよ。