ダーク ソウル 3 シュミレーター。 アイテム

3 シュミレーター ソウル ダーク

あくまで戦術の引き出しを増やすものだと考えよう。 ご了承ください。

18
3 シュミレーター ソウル ダーク

余りの数値を全て理力に振っている。 一撃攻撃を当てるだけで大ダメージが狙え、相手を怯ませることも多い。 また致命武器やカウンターを狙いやすい刺突武器に恵まれ、スズメバチ・獅子の指輪で攻撃力の底上げも可能。

18
3 シュミレーター ソウル ダーク

モーションが遅い武器が多く、近接攻撃は対人で読まれやすいものが主体となっているが、筋力武器のみを一徹させてプレイスキルを上げ読み勝ちを求めるか、武器の弱点を補う形でサブウェポンを充実させるかで、育成方針が大きく変わってくるキャラと言える。 筋力 補正値と必要能力値に関係する。

20
3 シュミレーター ソウル ダーク

51以上はほとんど伸びなくなる。 記憶力と理力に振り分けるため耐久性は低いが、安全な遠距離から大ダメージを与えられるのでさほど気にならない。 これだとがん盾されても属性攻撃で削れますし、集中を上げればスペルも使えるようになるので、対人をガチでやる場合なんかには良いのではないでしょうか? ちなみに派する際は理力と信仰に補正がかかる、闇派生や混沌派生が良いでしょう。

5
3 シュミレーター ソウル ダーク

体力、記憶力、持久力、筋力は好みに応じてトレードしよう。 ステ振りのコツと注意点 ステータスの振り直しができない ダークソウルでは、一度伸ばしたステータスを振り直すことができない。 筋力目安 (技量も必要な武器は後術の技量の項目参照) 筋力 武器 備考 10 技量10 、 外見の差異だけで性能は同じ 11 技量13 技量12 14 技量14 16 技量10、飛竜ヘルカイトの尻尾切断 技量10、両手持ち時筋力11 技量14 炎耐性が高く、運が良ければ早期に入手出来る 雷耐性が高い最軽量の大盾、これ以外の大盾は最低でも筋力30以上必要 技量12、技量14あれば他の斧槍系も一部を除いて大体持てる 24 技量13、両手持ち時筋力16 特大剣最軽量、両手持ち時筋力16 26 大槌最軽量、両手持ち時筋力18 32 大斧最軽量、両手持ち時筋力22 50 大盾最重量 58 最重量武器、両手持ち時筋力39 04対応 前述した筋力と共に武器の装備、攻撃力の強化に必要な項目。

20
3 シュミレーター ソウル ダーク

自分と同じような高強靭のミラーマッチになった場合はサブウェポンの有無や読みの強さが勝敗を分けやすい。 体力30以降は伸びが悪くなる 体力のステータスは、30以降数字の伸びが悪くなっていく。 5倍され「24」になる。

20
3 シュミレーター ソウル ダーク

例えば、筋力が24必要な「ツヴァイヘンダー」を両手もちする場合、筋力が16あれば数値が1. そういった意味では、火力面は大器晩成タイプと言えるだろう。 技量目安 (筋力も必要な武器は前術の技量の項目参照。

5