江戸 切子。 江戸切子とは

切子 江戸

2018年7月5日、親善大使委嘱10周年を迎える、 感謝状が贈呈された。 明治6年(1873年)、品川興業社硝子製造所(現在の品川区北品川4丁目)が開設され、明治14年には切子(カット)指導者として英国人エマニエル・ホープトマン氏を招き、十数名の日本人がその指導を受け、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されました。 に伴う産業構造の変化や素材の研究 安価なソーダガラスの素材等 やクリスタルガラスの研磨の技法の開発もあって、高級品の代名詞的存在となった。

切子 江戸

一番の特徴は、江戸切子にも薩摩切子にもなかった新しいカット技術、 U字カットです。

17
切子 江戸

江戸切子の文様の中で最も基本となるものです。 日本人の意匠をこらした新しいガラス工芸で、また私たちの生活に潤いと至福の瞬間が増すのですから、この暑い季節にに是非、手に取ってみてはいかがでしょうか。 日本が誇る伝統工芸品のひとつ、江戸切子。

切子 江戸

興業社は,村井三四郎,丹羽正庸が裏に設立したガラス工場で、1876年にが買上げて「品川硝子製作所」と改称した。 江戸切子、薩摩切子と呼ばれ、 いずれも江戸時代の優れたガラス工芸品として今も残り続けている。

18
切子 江戸

名前の売れている職人の作ったものなら 1万円~が一般的です。

10
切子 江戸

1881年(明治14年)には御雇い外国人としてイギリスのカットグラス技師・エマヌエル・ホープトマンが招聘され、イギリスのカットグラスの技術が江戸切子の技術に融合されました。 当時は、透明な鉛ガラス(透きガラス)に、鑢の金棒と金剛砂によって切子細工を施し、木の棒と金剛砂で磨きあげる、熟練した手作業により製作されていました。

16
切子 江戸

江戸切子の将来としては、かつてないガラス工芸発展の時代に、美しさと品質を追求したガラス工芸品として江戸切子の伝統を長く保存育成する事を目指しております。 11月2日(月)11:30オープンですので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

切子 江戸

転機は100年後に訪れます。 その頃の薩摩切子は衰退し、一度途絶えてしまっています。

13