旅 猫 リポート 読書 感想 文。 旅猫リポート 読書感想文の書き方と例文。小学校中・高学年向け

感想 リポート 旅 文 読書 猫

正直言って、動物好きではないので、この小説にちょっと抵抗感あり。 「改めて考えるとすごいことですよね。 しかし悟とナナの出会いや、旅が終り別れが訪れる数カ月の様子も、彼らの関係を描く上で重要な要素となっています。

感想 リポート 旅 文 読書 猫

ですがある事情から悟がナナを飼い続けることができなくなったため、悟は新しいナナの飼い主を見つけるために、ナナを連れて旅に出ます。 そして、さらに感動的なのが、そのそれぞれのまさかに対応する伏線が、それぞれにきちんと張られていたというまさかの説得力。 ススキの穂がうねる。

14
感想 リポート 旅 文 読書 猫

旅を終えた悟とナナは結局、ナナの新しい飼い主が見つからないまま、サトルの叔母であるノリコのもとで同居生活を始めます。

4
感想 リポート 旅 文 読書 猫

威嚇されたり、歓迎されたり、恋の予感?ペットを飼っている人なら一度は絶対に思う「ペット自身の気持ちがどう思っているのだろう」という気持ちを余すところなく描かれたファンタジー。 だって、猫はズルいよね猫は。 間に合わないと思ったのと同時だった。

3
感想 リポート 旅 文 読書 猫

ナナの次の飼い主として彼らを候補としたのは、彼らの負い目を無くすことも目的のひとつだと感じます。 そして私が大好きになってしまったのは瀕死のナナを救って飼い主になったナナのご主人サトル。 悟の友人たちや叔母の法子との触れ合いで、彼らが感じ心に刻んできたこと。

17
感想 リポート 旅 文 読書 猫

だからこそ100%の感情移入をもって物語に没頭することが出来るのだ。 サトルたちとの交流で、それらの負の感情から解放されていく友人たちの姿をとても感動的に読むことが出来る。

10
感想 リポート 旅 文 読書 猫

そして、結末がおぼろげに見えていきます。

20