お盆 送り火 は いつ。 お盆の迎え火、送り火で知っておきたいこと

送り火 は いつ お盆

迎え火・送り火の日にちのまとめ• そのため各地で鎮魂のための「みたま祭」や「精霊祭」が開催されていました。

13
送り火 は いつ お盆

地域によっては、旧暦の7月15日や、新暦の7月15日に行うこともあります。 そこで、月遅れのお盆の期間は、8月13日から8月16日までと考えて、迎え火や送り火についてご案内をしたいと思います。

11
送り火 は いつ お盆

時間は絶対にこの時間中に行わないといけないという決まりはありません。 ご先祖様が帰るのに際して、帰路を迷わないようにと焚くのが送り火になります。

9
送り火 は いつ お盆

現代はお墓参りやご親戚との会食で終わりがちなお盆ですが、祖先に感謝し、迎え火、送り火をぜひ行ってみてください。 この最終日を盆明けまたは盆の送り日と言いますが、地域によっては15日を盆明けとするところもあり、そういう場合は15日に送り火を焚く場合もあります。

1
送り火 は いつ お盆

迎え火と送り火の意味とは? ご先祖様の霊をお迎えするのが「迎え火(むかえび)」、送るのが「送り火(おくりび)」です。

16
送り火 は いつ お盆

焚く場所は、迎え火とお同じように、家の門口や玄関先・お墓で焚きます。

8