断 äšŗ į—›ã„。 断äšŗ卒äšŗåžŒãŽã‚ąã‚ĸはåŋ…čĻâˆæ­Ŗしい斚æŗ•ã¨ã¯âˆæ¯äšŗ外æĨãĢ行ãŖãŸæ–šãŒč‰¯ã„âˆ

į—›ã„ 断 äšŗ

これが劊į”Ŗå¸Ģã•ã‚“ã‹ã‚‰č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€Œ 圧抜き」というもぎです。

14
į—›ã„ 断 äšŗ

2īŊž3æ—ĨもæŗŖけばもうæŗŖかãĒくãĒりぞす。

12
į—›ã„ 断 äšŗ

ãã“ãžã§åŸˇį€ãŒåŧˇããĒかãŖたぎで授äšŗ回数を減らしãĻいくぎが゚ムãƒŧã‚ēãĢé€˛ã‚“ã ã‚“ã§ã™ã‚ˆã€‚ おãŖãąã„ãŒåŧĩることもãĒく子䞛もぐずらず、比čŧƒįš„゚ムãƒŧã‚ēãĢ卒äšŗできぞした。 A ベ゚トã‚ĸãƒŗã‚ĩãƒŧ こんばんは。

į—›ã„ 断 äšŗ

そぎため、おãŖãąã„ãĢしこりがあãŖãĻåŋƒé…ãĒäēēはäšŗč…ē外æĨを受č¨ēしãĻくださいね。 ã‚ĒッパイをčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãĻはいけãĒいぎで、äšŗ頭ぎ先ãĢテãƒŧプをč˛ŧãŖãĻ、äšŗ 頭がčĻ‹ãˆãĒいようãĢしãĻおき、おうしãĻもæŗŖいãĻãƒ€ãƒĄãĒときは、ã‚Ēッパ イをčĻ‹ã›ãĻ、 「もうãĒいね」 とį´åž—させぞす。

7
į—›ã„ 断 äšŗ

ただし、äšŗがんぎ初期į—‡įŠļとしãĻįŸŗį°åŒ–がį™ēį”Ÿã™ã‚‹ã“とがあるそうです。

20
į—›ã„ 断 äšŗ

æŠąãŖこでãƒĻナãƒĻナすると寝ぞす。 A ベ゚トã‚ĸãƒŗã‚ĩãƒŧ īŧ‘æ­ŗīŧ˜ãƒļ月ぎ子䞛がいぞす。 そぎときį—…é™ĸã§č¨€ã‚ã‚ŒãŸã“ã¨ã¯ã€ ãƒģé›ĸäšŗéŖŸã¯č˛ æ‹…ãĢãĒるから、母äšŗやミãƒĢクだけãĢしãĻよい。

1
į—›ã„ 断 äšŗ

こぎつらいおãŖãąã„ãŽåŧĩりは、いつぞでįļšããŽã§ã—ょうかīŧŸããŽãŠãŠã‚ˆããŽæœŸé–“ã¨ã€čƒ¸ãŽåŧĩりを抑える斚æŗ•ã‚’ぞとめãĻãŋぞした。 äģŠæ—Ĩ、īŧ‘æ­ŗ半åĨč¨ēãŒã‚ã‚ŠčĄŒãŖãĻきぞした。 ããŽæ™‚ã‚‚čž›ã‹ãŖたですが、断äšŗすれば寝ãĻくれるようãĢãĒると思ãŖãĻč€ãˆãĻいぞした。

7
į—›ã„ 断 äšŗ

æŠąãã—ã‚ãĻあげたり、しãĻあげたりしãĻã‚šã‚­ãƒŗã‚ˇãƒƒãƒ—ãŒã¨ã‚Œã‚‹ã¨ã„ã„ã§ã™ã­ã€‚ 夜はあげãĻ、æ˜ŧ間ぎ回数を少しずつ減らすというやり斚です。 . こぎ時おうしãĻã‚‚čž›ã‹ãŖたら、厚抜きį¨‹åēĻãĢ搞äšŗしãĻもいい。

15