胡乱 意味。 「胡乱」の正しい意味と使い方!「胡乱な目」とは?類語や英語表現も紹介

意味 胡乱

あまり聞きなれない言葉ですが、日常でもビジネスでも活用できる便利な言葉です。

9
意味 胡乱

ひとつは「烏盞(うさん)」という、抹茶茶碗のひとつである天目茶碗(てんもくぢゃわん)に使われる上薬(うわぐすり)が由来という説。

17
意味 胡乱

昨日の彼女のようすはどうも 胡乱げだったね。 「胡乱」の語源 「胡」を「う」「乱」を「ろん」はともに唐音です。

4
意味 胡乱

「胡」も「乱」もじつは唐音なんですよ。 「胡乱げ」の例文2 日常生活における、 「胡乱げ」を使った例文を紹介します。 ぜひ、ご自身の文章に取り入れてみて下さい。

意味 胡乱

胡乱というのは室町時代に中国から日本に輸入された言葉で、中国北方・西方の民族「胡(えびす)」が中国を攻撃した時、中国の住民が慌てふためき混乱が生じたという故事が由来になっています。 水揚げ後の鯖に塩を振って加工してから運ぶと、京都に着いた頃が食べごろとなっていたことから、日にちを少なくいうことを「鯖を読む」というようになったという説もあります。

意味 胡乱

湖(無くならない水)、瑚(丈夫な宝石)の字にも含まれます。