ルノー キャプチャー。 ルノー キャプチャーは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!

キャプチャー ルノー

ルノー キャプチャー「ゼン」[ボディカラー:ブルー メディテラネM]• このエンジンは基本骨格を共有する「ルーテシア」と基本的には共通であるけれど、SUVというスタイルに合わせたチューンが施されている。

6
キャプチャー ルノー

センターコンソールにはUSBポートを2つ、AUX入力を1つ装備し、Apple CarPlayやAndroid Autoによりスマートフォンとの連携を強化。 とはいえ国産車からの乗り換えの人には歓迎されるだろうし、299万~319万円という価格帯含め、そうなるべき車であることは確かだ。

18
キャプチャー ルノー

歩行者・自転車検知機能を備える「アクティブエマージェンシーブレーキ」(衝突被害軽減ブレーキ)はもちろんのこと、「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」は自動運転レベル2に相当する先進運転支援機能も装備する。

17
キャプチャー ルノー

ルノー インターナショナルウェブサイト内• バンパー両端には、フロントホイールハウスに繋がるエアディフレクターを採用した。 先代モデルに比べて、17mmのゆとりが生まれている。

13
キャプチャー ルノー

あえて選べば、街なか優先だったら2008、長距離ドライブの機会が多ければキャプチャーといったところか。 ラゲッジスペースを上下に分割可能なダブルフロアシステムを使えば使い勝手が向上し、リヤシートを倒せばフラットな荷室空間が広がる。 先代モデルよりも70mm長い2610mmのホイールベースを有しており、後席の足元スペースは十分確保されていた。

キャプチャー ルノー

最新の「ルーテシア」に比べ23PSと30N・m増しのスペックとなる。 また、アクティブでスポーティなマニュアルギアチェンジも楽しめる、パドルシフトも装備されている。 様々な路面での静粛性、エンジンルームの遮音性、ボディ下面を覆うパネルによる空気抵抗の軽減などもプラスし、新型車の高い基本性能を支えている。

8