佐藤健 ラブ シーン。 ドラマ『恋つづ』から考える、推しのラブシーン問題

シーン 佐藤健 ラブ

左近は左近で、兄貴に憧れがあるんじゃないかと思います」。 あ、上白石萌音さんも可愛いだけの女優さんじゃなくて、きちんとシーンに合わせた演技を考えられる女優さんだったんですね。 上白石萌音さんは、いつもリハーサルでは照れ笑いしまくりなんですね。

12
シーン 佐藤健 ラブ

山田が「俺を支えたくなった?」とうれしそうに聞くと、佐藤は「いままでの共演作で、僕が支えてもらっていたので」と、山田に恩を感じていたことを明かした。

シーン 佐藤健 ラブ

・・; 医療ドラマとしてはNGだし突っ込みどころは満載なのだけど、 少女漫画な感じでとても面白い。

シーン 佐藤健 ラブ

でも、やっていくうちに、あの程度のことなら恥ずかしいとは思わなくなっていったので大丈夫でした」。

1
シーン 佐藤健 ラブ

だから初めはいぶかしげに話を聞きに、会いに行ったんですが、帰り道に涙があふれてきて。

17
シーン 佐藤健 ラブ

お芝居が好きで、作品に愛おしさを感じて、そのキラキラした愛みたいなものを形にならない形にしていたいのに、何かやりたい!という衝動が作品を制作することそのものに負けていたり、作る過程の速度とか、ビジネスに負けているのが不思議で……。 佐藤健さんのドSなセリフを言うNGシーンは、恥ずかしそうにしている佐藤健さんがとっても可愛いですよね。

20
シーン 佐藤健 ラブ

【佐藤】僕も、寒竹ゆりは天才だと思いました。 そんな生活をしてちゃダメだよ』と言いながらも、世の中に合わせて生きている自分に疑問を感じているんです。