更級 日記 現代 語 訳。 更級日記『門出(あこがれ)』現代語訳

語 更級 日記 訳 現代

「にて」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

17
語 更級 日記 訳 現代

【大至急!!】更級日記の現代語訳について。 五十ばかりなるひとり、二十ばかりなる、十四、五なるとあり。 私が生まれ育った上総の国では西に見えた山だ。

語 更級 日記 訳 現代

の=格助詞、用法は同格。 田子の浦は波が高かったが、舟でこいで巡った。 (いや、何にもならない。

1
語 更級 日記 訳 現代

動作の主体(立っている人)である薬師仏を敬っている。

10
語 更級 日記 訳 現代

南ははるかに野の方 (かた)見やらる。

18
語 更級 日記 訳 現代

23 うちおどろきたれ カ行四段動詞「うちおどろく」の連用形+完了の助動詞「たり」の已然形。 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 の=格助詞、主格、「薬師仏 が立っていらっしゃるのを」 たまへ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 ここはたいそう住みよく思います。

16
語 更級 日記 訳 現代

【現代語訳】 その年の春は、疫病が流行して世の中がひどく騒然とし、松里の渡し場での姿を痛々しい思いで見た乳母も、三月一日に亡くなってしまった。

語 更級 日記 訳 現代

「で」に置き換えて訳すと良い。 受身・尊敬・自発・可能の4つも意味があるので判別が難しいが、直前に知覚動詞(見る・知るなど)・心情動詞(思う・笑う・泣くなど)があると「自発」の意味になる可能性が高い。

19
語 更級 日記 訳 現代

意味は「むやみ・やたら」。 地の文なので作者からの敬意。 18 いみじう シク活用の形容詞「いみじ」の連用形。

3