カナエ さ ね み。 胡蝶カナエ (こちょうかなえ)とは【ピクシブ百科事典】

み カナエ さ ね

「鬼は皆殺し」の信念を持ち、「殺」の文字を自身の羽織に刻む。 妹たちに幸せになってほしいと思っている 妹しのぶやカナヲには、普通の女性として幸せになってほしいとカナエは思っていました。

み カナエ さ ね

生傷が絶えなかった実弥は、他の隊員より頻繁に蝶屋敷に通っていた可能性があります。

3
み カナエ さ ね

本編ではあまり接点が描かれていない2人ですが、 番外編の「キメツ学園」や、小説版鬼滅の刃では関わりが見られており、ネット上で2人をカップルとする憶測が上がっているようです。

4
み カナエ さ ね

各種包装資材の製造ならびに販売• 17巻でキメツ学園での設定が明かされた。 そして、蝶の髪飾りを身に付けているのですが、蝶の髪飾りは胡蝶姉妹の象徴とも呼べるものです。 そこには、妹にだけは辛い姿を見せたくないという気持ちの現れでもあったのかもしれません。

み カナエ さ ね

従って「おもっしょにやらんか!おもっしょに明るく!」と言う事を、経営に際しての基本姿勢として進めていきたいと思っております。 「美女と野獣」という表現がぴったりとはまる2人。 自身の親友である粂野匡近が戦死した直後だったことも相まって、実弥は柱合会議の場で産屋敷に怒りをぶつけます。

2
み カナエ さ ね

両親を鬼に殺されているのに、鬼を恨まない気持ちを持っているのはと全く同じです。

6