双葉 町。 双葉郡双葉町でおすすめのグルメ情報をご紹介!

町 双葉

- 町議会が井戸川克隆町長の不信任決議を全会一致で可決。 避難を余儀なくされ、営農再開は難しいと考えていたそうですが、いわき市内の未使用のほ場を目にしたとき、農業への熱い思いがよみがえったと話します。 「」福島民報:福島第一原発事故アーカイブ(2014年5月8日付)• 双葉北・南幼稚園が合併し「ふたば幼稚園」が発足。

町 双葉

双葉町立双葉小学校• しかし、双葉町はかつての姿を取り戻すため、一部地域における2019年度末までの先行的な避難指示解除を目指して取り組んでいます。

町 双葉

公共交通機関(鉄道・バス等)• 県のアーカイブ拠点施設や復興祈念公園に隣接する産業交流センタ ーでは、テナント企業同士だけでなく、世界各国の来訪者との交流 が可能です。 双葉町立双葉小学校赤木分校• 旅館・オーベルジュ(その他). ガソリンスタンド2店舗が営業再開。 JR常磐線と国道6号線が平行しながら町の中心部を南北に縦断し、南は大熊町、北は浪江町に接しています。

9
町 双葉

営農再開を復興と農業再生の先駆けに 双葉町農地保全管理組合長の澤上榮さん 避難先のいわき市から故郷の双葉町に通う澤上さんは震災前、兼業農家として約4haのほ場で水稲栽培を行っていました。 復興・再生を目指す双葉町の取り組み 東に太平洋、西に阿武隈高地を臨む福島県双葉町は、海と山に抱かれた豊かな自然を誇る町です。 - 旧騎西高避難所でのプライベートのない生活に次第に不満が高まる。

16
町 双葉

つくば連絡所• 埼玉支所(埼玉県加須市騎西36-1(騎西総合支所内))• カフェ• 巨大地震と大津波、原発事故による複合災害から、双葉町を復興・再興していく道は険しく、長い年月がかかるものと見込まれます。 歴代双葉町長 代 氏名 就任 退任 備考 1 白土一郎 昭和25年(1950年)6月1日 昭和26年(1951年)4月5日 2 大和田嘉績 昭和26年(1951年)4月22日 昭和30年(1955年)3月30日 教育 [ ]• - からまで、双葉郡に存在した町。

町 双葉

パン・サンドイッチ• 中国茶専門店• また、国道288号線で、県の中央部である郡山市と結ばれています。 今後、「双葉町復興まちづくり計画」に基づき、町民が生活再建を果たし、美しいふるさと・双葉町を取り戻していかなければなりません。