保険 業法。 保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第121条(保険計理人の職務)

業法 保険

所得税法施行令の一部を改正する政令• 平成12年11月27日 法律第126号 書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律• VII -3-9 グループベースのオペレーショナル・リスク管理態勢• VII -5-2 海外当局との連携によるグループ監督. 以下同じ。 平成16年6月9日 法律第97号 証券取引法等の一部を改正する法律• ) (不服申立ての制限)、第875条 (非訟事件手続法の規定の適用除外)及び第876条 (最高裁判所規則)の規定は指名委員会等設置会社の執行役又は代表執行役について、同法第937条第1項 (第2号イ及びハに係る部分に限る。

16
業法 保険

ただし、当該資本金等の額の減少をしても当該保険契約者その他の債権者を害するおそれがないときは、この限りでない。 )の決議に係る株主総会 (会社法第447条第3項 (資本金の額の減少)又は第448条第3項 (準備金の額の減少)に規定する場合にあっては、取締役会)の会日の2週間前から資本金等の額の減少の効力を生じた日後6月を経過する日まで、資本金等の額の減少に関する議案その他の内閣府令で定める事項を記載し、又は記録した書類又は電磁的記録を各営業所に備え置かなければならない。 産業競争力強化法等の一部を改正する法律の施行に伴う金融庁関係内閣府令の整理に関する内閣府令• 障害疾病額保険契約 その者の傷害または疾病に基づき保険者が保険給付を行うもの• 平成19年6月1日 法律第74号 株式会社商工組合中央金庫法• ) (裁判による登記の嘱託)の規定は指名委員会等設置会社の代表執行役について、それぞれ準用する。

20
業法 保険

保険会社は、第2項第1号、第2号及び第5号に掲げる業務に関しては、担保付社債信託法その他ので定める法令の適用については、政令で定めるところにより、銀行 相互会社にあっては、これらの法令に規定する株式会社その他の会社又は銀行 とみなす。 ただし、当該議案が法令若しくは定款に違反する場合又は実質的に同一の議案につき総代会において全総代の議決権の十分の一 (これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の賛成を得られなかった日から3年を経過していない場合は、この限りでない。

13
業法 保険

)及び第4項中「前条第4項」とあるのは「保険業法第45条第2項」と、「株主」とあるのは「社員又は総代」と、同法第299条第1項中「2週間(前条第1項第3号又は第4号に掲げる事項を定めたときを除き、公開会社でない株式会社にあっては、1週間(当該株式会社が取締役会設置会社以外の株式会社である場合において、これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間))」とあるのは「2週間」と、同条第2項中「次に掲げる場合には、前項」とあるのは「前項」と、同法第311条第4項及び第312条第5項中「株主」とあるのは「社員」と、同法第314条中「株主から」とあるのは「総代から」と、「株主の共同」とあるのは「社員の共同」と、同法第316条第2項中「第297条」とあるのは「保険業法第45条」と、同法第318条第3項中「支店」とあるのは「従たる事務所」と、同条第4項中「株主」とあるのは「社員」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。

業法 保険

) (会社の代理商)の規定は相互会社のために取引の代理又は媒介をする者について、同編第4章 (第24条を除く。

5
業法 保険

09 施行• )が当該保険会社等の主要株主基準値以上の数である会社等集団 (以下この号及び次号において 「特定会社等集団」という。

業法 保険

)の議決権の百分の三(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する株主が第3項又は第5項の期間内に当該各項の異議を述べたとき)は」とあるのは「ときは」と、同法第427条第3項中「準用する。

8
業法 保険

無尽業法施行細則等の一部を改正する内閣府令• II -3-3 リスクの測定• IV -6-4 商品及び顧客の特性を踏まえた保険商品審査の実施等• IV -1-9 保険契約者等(顧客を含む。

14